FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

娘の口笛




メルボルンで、娘が、「ねえ、ねえ、凄くエキサイティングなことがあるの。聞いて」と言って口笛を吹き始めました。ピー・ピー。彼女は、これまで口笛を吹くことができなかったのです。その興奮の様子に、思わず主人と大笑い。主人が「メルボルンにきたから、たまたま吹けるようになったんじゃないか。シドニーに戻ったらきっとまた吹けなくなるよ」などと冗談を言ったので、シドニーに戻ってきてもピー・ピー。「ホラ、シドニーでも吹けるでしょ」と得意顔の娘にまた大笑い。娘の口笛は、我々に笑いをくれました。

☆ ☆
メルボルンでは、ダンデノンレンジという丘陵地帯に遊びに行きました。義母のいるところから車で15分足らず。まるで日光のイロハ坂のようなくねくねとウネッタ道路には、羊歯やユーカリの林が鬱蒼としていて、やはり日光を思わせます。そのダンデノンレンジのカフェで、デヴォンシアティーを楽しんできました。デヴォンシアティーは、スコーンというお菓子とティーの組み合わせ。スコーンに、クリームとジャムを塗るだけのものですが、これを食べるといつも心が和みます。窓の外では、鳥たちが遊んでいます。ロゼーラという大きなオウム。短い時間でしたが、夢のような時間でした。こんな地味な時間が、夢のようだとは、変な私ですよね。でも、結構いい、鳥の写真が撮れましたよ。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/96-d9cc4e26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)