ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

戦略勝ち

オーストラリアでは今年総選挙が行われる予定なのですが、現在まで3期継続した保守党のハワード首相に対して、野党、労働党のラッド党首が、今中々、健闘しています。まず、ラッド党首は、自分が若いことを強調するために、ハワード首相を”過去に生きている”とブランディングしました。それから、そのことを更に強調するために”ハワード首相は、全て白黒テレビの中で起きていることしか賛成しない”、つまり、今起きていることや、未来のことを理解しない人間である党大会で発言、翌日の新聞にデカデカとその言葉が載りました。ブランディングは大成功。

☆ ☆
最近保守党から提出された予算案を、労働党のラッド党首は、議会で全く批判をしませんでした。驚いたのは、当然批判されるだろうと思っていた保守党側。口をアングリと開けて、どうして批判しないのだろうと思っているうちに、ラッド党首の演説は終わりました。まるで政権をとったような、落ち着きのある演説でした。私は、この20年間、政府の予算案の発表と、それにガチガチと反対する野党のやり取りを見てきただけに、今回はまるで驚きでした。つまり、野党側の戦略勝ち。国民は、今まで政治家たちの汚い言葉の応酬を見てきただけに、恐らくラッド労働党党首のスマートなやり方に拍手喝采しただろうと思います。実際、TVを見ていた私と主人も、思わず拍手をしてしまいました。

☆ ☆
私は、ハワードが大嫌いです。保守的で、金持ちや、地位がある人間たちや学歴のある人間たちだけを守っっている彼の政党も大嫌いです。ですから、ラッド労働党党首の健闘ぶりに、ワクワクしています。対決姿勢を避けた労働党の戦略勝ちになる可能性大。ところで、ラッド労働党党首はマンダリン(北京語)がペラペラなんですよ。これから世界はCHINDIA(中国とインド)の時代になるといわれていますから、マンダリンがペラペラの首相は、イケテマスヨネ。阿部さん、何か外国語できませんか。

☆ ☆
明日は母の日。夕方ゴールドコーストに行くので、夜は上の娘がボーイフレンドと夕食を作ってくれるようです。上の娘は、何とか先週無事仕事を勤めました。先週は一週間ずっとドキドキしていました。これで自信を取り戻してくれるといいのですが。でも、やっぱり期待しません。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/88-9edade2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad