ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

ウズラが家にやってきた

主人の携帯が壊れたので、私の携帯を彼にやって、私はウキウキと新しい携帯を買いに行きました。ピンクの可愛い携帯。もっとも、どう使っていいか分からず、あまりウキウキもしていられません。また暫く不便が続きそう....。さて、その買い物の帰りに、道路の端に大きな鳥がうずくまっているのを見つけました。鳩位の大きさですが、鳩ではありません。何色もの美しい羽を持つ結構大きな鳥です。「ウズラかな」と主人。結局、そのままにしておくことができず、事務所に持って帰りました。

☆ ☆
どうしよう。家には、サリーがいるしなあ。鳥かごは、この前の不用品で片付けてしまったし。誰か、貰い手はいないかなあ。それにしても、もしかして怪我をしているかも知れないからと、主人は、早速、ウズラと一緒に獣医のところに出かけました。ついでに引き取り手も探そう....と。でも、鳥に異常はなかったけど、貰い手もなかったって、ウズラをまた事務所に連れ帰ってきました。そのまま、自宅へ。モチロン、喜んだのは娘です。サリーのクレート(と言っても、布製なので鳥は逃げられない)に入れて、早速世話を始めました。「飛べる鳥を籠で飼うのは可哀想じゃない」って言うと、「お母さん、ウズラは元々飛ばないのよ」。というわけで、家には、また家族が増えました。金魚。サリー。ウズラ。でも、世話をするのは、娘ではないのです.....

☆ ☆
上の娘が仕事を始めてから、今日で無事(ホッ)3日目。この金曜日には最初のペイチェック(お給料の小切手)がもらえるんですって。それにしても、貰わないうちに、今日は「安かったからGYMに行くことにしたから」って。そのお金は?ああ、心配だなあ。でも、家にいて、食べ物を吐いたりしているより、ずっといい。今日、会社に届いた日本人会のニュースレターに躁うつ病のことが書いてありました。そこで治療薬の副作用を説明していましたが、娘の症状とかなり似ています。病気を治す為に、病気になるなんて。Dying for Cure,全くあの本と同じです。
スポンサーサイト

FC2Ad