ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

自粛の自粛

仙台早稲田稲門会の大師山法楽寺住職遠藤龍地さんが、65歳以上は、福島の野菜を食べる運動を始めました。「老人パワー」だそうです。賛成。私は62歳で、まだ「ひよっこ」ですが、でも、誰かが「福島さん」のホウレンソウをを下さったら、あるいは買えるのであれば、買って煮ておひたしでいただきたいと思います。フライパンでさっと炒めて、スクランブルエッグと一緒にトーストの上に食べるのもGOODです。ホウレンソウが、ゴミ回収社の中に廃棄されるのを観ました。野菜は命です。この野菜から我々は命をもらっているのです。どうしたら、福島さんのホウレンソウが手にはいるのでしょうか。今、私は千葉にいますが。誰か教えてください。


自粛も自粛したいと思います。つまり、頭を下げて、うなだれていても「復興」はありません。被災地の高校生がインタビューに答えて「学校を出たら、人を助ける仕事に就きたい」って。彼らが、日本の未来を背負っているのですよねえ。私はオーストラリアからやってきて、何度も言うようですが、この震災を経験しています。被災地にはいませんが、彼らの苦しみや大変さは本当に分かります。テレビをみたり、考えたりすると、すぐ胸がつまり、涙が出ます。彼らと一緒に、私も、あるいは被災地にいない多くの人たと一緒に、日本の国民が、皆、苦しんでいると思います。しかし、これを乗り切れるのは、「笑顔」です。自衛隊のアレンジしたお風呂に入った人たちは、皆「笑顔」。本当に幸せそうな笑顔でした。自粛ムードで何もかも止めるのは、止めましょうよ。なんて、言っても、なかなかカラオケに行く気にはなれません。こんな時にはどんな歌が歌えるのでしょうか。


最近、何だか心まで揺れていて、「いい松ヶ枝」や「きき松ヶ枝」や「書き松ヶ枝」が多くなっています。もっとも、ワープロというか、コンピューターって、面白い「松ヶ枝」をしますよね。照哉さんの奥さんの千津さんは、私を「排卵さん」とか「オビュレーション真理子さん(排卵のこと)」って呼びます。コンピューターで、何度も「排卵」って打ちまつがえをするからです。まあ、もう排卵はありませんけれどねえ。そのほかにも、結構ありますよねえ。!場棒っていうのもあるなあ。馬房のことですが。最近は、機械がGUESSしてくれるから、ちょっと打つと欲しい言葉が出てきますが、まあ、それでも、それが、GUESS の勘ぐりの時もあります。Hさんは、勇人というのですが、これをよく勇人と書いちゃう。すぐ彼も訂正しないから、しばらくたって、僕は「隼人」ではありません。「勇人」ですって抗議してきました。まつがえは、「はやと............言ってよね」これ、ホームステイマザーが笑ってくれました。


私のジョークの扇子?は、悪くないと思うのですが、オーストラリアにいる娘たちは、私のジョークは、LAMEだと言います。LAMEというのは、元々の意味は、「びっこ」という言葉になり、最近では差別用語になる場合もあります。昔は、「この机、びっこよ」などと言えたのですが、当然、放送では言えません。アメリカやオーストラリアで、ジョークを言った後に、LAMEと言われたら、日本語でいう「寒い」ジョークだったと理解してください。


今日はジョークの話をしたあとで、糸井さんの「いいまつがえ」の文庫をホームステイマザーに買ってきました。糸井さんて誰ですか?そこで、彼はコピーライターです。あっ、ソフトバンクのCMでお母さんをやっている女優さんと結婚していますとか、色々と、糸井さんの説明をしました。あまり知られていないんだあ。さて、この「いいまつがえ」の本って、本当に面白いです。前に、新幹線の中で、この本を読み、大声でゲラゲラ笑って、隣の人たちからひんしゅくを買いました。知るか。WHO CARES! 今日も、バスの中で読んだら、降りるべきバス停を逃してしまいそうになりました。まだ読まれていない方々、自粛ムードを自粛するためには、ユーモアが一番です。読みながら、また思い出しましたねえ。前も書いたことがあるけれど、宮城TVのアナウンサー時代。「雨の日には雨に気をつけてください」と番組を終わったらプロデューサーから雷が落ちました。でも、先輩のアナウンサーは、「鼻の宴」というところを、「歌の鼻毛」って言って、赤っぱちをかいたって言っています。小学校の校歌では、「高い誉れの絆創膏」って歌っていました。伊達正宗の藩祖公を絆創膏にしちゃったのです。


オーストラリアの方々、日本はまだまだ揺れています。ここ千葉でも、朝に晩に揺れています。それから、まだとても寒いです。陽射しは春のようですが、身を切られるような冷たい風が吹いています。東北の方は、まだ雪。なぜ、まだ春がこないのでしょう。それにしても、今日、スーパーで若いお母さんらしき女性が「あのねえ。茨城産って書いてあるのだけれど、買っていいのかしらああ」って電話で誰かに聞いていました。だれかって、専門家?大阪でも、もういい年のおばちゃんが、「ほら、何だかわからへんけれど、何とかが怖いでしょう」って、野菜を買わないんですって。婆ちゃん、怖いのはあなた。風評被害を作っているのは、あなたのような人たちです。いいじゃん。もうそんなに長生きしたんだから。頑張っている農村の人たちのために、国のために、野菜「食ってやろうよ」Be brave!
オーストラリアからグレートニュース。今、世界最強のスプリンターと言われるブラックキャヴィア号が、25日ウイリアムリードステイクスを勝って、11銭11勝です。つまり、無敗です。こんな凄い馬は、本当に、我々に興奮と勇気を与えてくれます。このまま、ずっとずっと(そうはいかないのだが)無敗で行って欲しいなあ。昨晩は、メルボルンンのムーニーバレー競馬場に大観衆が集まったようです。強い馬が出ることが競馬を盛んにする最もいい方法です。日本は?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/828-ea30614a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad