ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

仙台。自宅避難生活。

仙台の弟一家は、無事でした。甥っ子は、IT関連で、前に「伯母さん、僕さ、漁業組合の近代化のための仕事してるんだ。こんな若い僕なのにさあ、そんなに大変な仕事を任されてるんだ。やりがいあるなあ」って、私に話してくれていたのです。だから、津波の話を聞いた時に、もしかして、甥っ子が、海辺の町に仕事をしに行っているかも知れないと...............その話が頭をよぎりました。あとで、連絡が着いてから話を聞いたら、そのプロジェクトは終わっていたということでした。いずれにしても、義妹も,仙台で仕事していますので、災害時は、海辺にいないとも限りません。でも、とりあえず、全員が、どちらかというと山側の仙台のマンションに辿り着いたと言うことでした。弟が、自宅での避難生活をこう語っています。仙台。自宅避難生活。


昨夜もだいぶ揺れました。この何日間かは、いいようのない疲労があります。こんなことはなかった。こんなに疲労を感じることは、私のこれまでの生活にはなかったことでした。日本での長期生活、今回の災害。色んな事が影響しているのだと思いますが、ここに来て、初めて自分が62歳だったのだと悟りました。昨夜は、ちょっと、めそめそしていたので、睡眠薬を飲みました。ぐらぐら揺れていましたが、「まあ、いいか」。もっとも、今朝は、朝ぶろいただいている間に、ぐらーり大きく揺れました。「やばい」裸で逃げるわけにはいかない。急いで風呂を上がって服をきました。


今日は、浦和に行きました。「真理子さん、美味しいうどんを食べませんか」って、Hさんが誘ってくださって、彼の事務所に行く前に、一茶亭という、うどん屋にいきました。つけ麺です。古民家のような門構え。美味しかった。それから彼の事務所で打ち合わせ。車で駅に向かう時に、あっ、危なく、犬を轢きそうになりました。首輪がありません。いったん通り過ぎたのですが、何だか二人とも心配になって、見かけた場所に戻りました。犬はまだいて、何だかふらふらしています。「首輪がないですよね。どうしたのでしょうかねえ」ちょうど、私は、ドッグフードを持っていたので、あげました。何だか怯えています。でも、空いているおなかには勝てなかったのでしょう。おどおどしながらやってきて食べました。小さなサンプルの袋でしたが、全部食べました。


腹がすいていますよね。でも、保健所にやったら殺されちゃうし、どうしましょうねえ。といっている間に、犬は立ち去りました。家を探しているのでしょうか。車で犬が走り去った先を追い掛けましたが、姿が消えていました。私は「あっ、もしかして、この前柏駅で、迷子探しをしていた人の犬かも知れない」と思い出しました。先週末、柏駅で迷子の犬のチラシを配っていた女性がいたのです。「みつかるといいですね」と声をかけたら、「ええ、私は東京ですが、埼玉でみかけたという人もいるし、千葉に来ている可能性もあるし」と言っていたのです。彼女は必死でした。私も、うちの犬がいなくなったことがありますから、その気持ちよく分かります。そこで、千葉に戻ってから、そのチラシを探して................よかった、チラシを捨てていなくて...........Hさんに電話しました。彼は、「真理子さんを送った帰りに、探してみましたがいませんでした。でも、この方に電話してみます」と言って、連絡をしてくださったようです。そして....................Hさんから電話。「あの、まいこちゃんという犬は見つかったということでしたが、NPOの人たちに、迷子の犬の話をしてみます」ということだったといいます。お母さんが、あんなに一生懸命探したかいがあって、「まいこ」ちゃんは無事家に。よかったねえ。でも、私たちがみたあの犬は、この寒空に一人で................今日は千葉でも雪がふったようですが、本当に寒い一日でした。東北はもっと寒いでしょう.ね.................


今日ホームステイのファミリーは、マザーの親友のお通夜に出かけました。明日はお葬式です。地震のことも、揺れも知らずに亡くなったようでした。ご冥福を祈ります。災害で亡くなってしまう人もいるし、病気で亡くなってしまう人もいます。全て運命なのだと思わざるをえません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/827-09df918e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad