ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

ありがとう

まだお目にかかっていない仕事先の人が、「真理子さん、もしなんかあったら、家に来ていいですよ」と言ってくださいました。彼の家は北海道。いやあ、本当に嬉しかった。本当にです。胸に何かが込み上げてきました。ありがとう。今回の非常事態にあって、私が気がついたことは、日本の人が優しくなったこと。いえ、気持ちはあったのかも知れないのですが、それを日本の人は出さないから........恐らく、今回のことで、皆が、その気持ちを表し始めてきたのかも知れません。私は、今のホームステイ先の方たちにも、本当に表現仕切れないほどの感謝をしています。まず、温かい「家庭」を分けていただいたこと。温かい「食事」を分けていただいたこと。そして、「笑い」を..........いただいています。あげてるのかな。もっとも、私の下手な............というか、英語では恐らくannoying な、もしかして「笑っている」というより、「ひきつって」しまうような洒落を、無理して笑っていただいているのかも知れませんけれど。昨日の晩は、j新情報を見ずに、デビ夫人が、ごぼう農家にホームステイして働きに出る番組を、家族でみまました。あの、ざあます言葉のデビ夫人が、農家の家族と一緒に暮らしているのは、結構笑えました。その時に、また出たのです。「ごぼうは、生意気な若者が食べるんですよ」???「チンピラごぼう」???


オーストラリアの仕事先、友人たちに一斉メールを出しました。DEAR ALL.......皆さま方へって。そしたら、OVERWHELMING 感動的なメールが多数戻ってきました。中には、私のことを心配して電話した人もたくさんいたらしく、 「ああ、よかった」THANK GOD, YOU ARE OK.......って。中には、私は、そこにとどまって、平常心を持って暮らしていて、HOW BRAVE なんて勇気があるのって........ えっ。勇気?勇気があるのですって。この私が?そんな言葉をもらって、何だか、本当に勇気がわいてきました。言葉の力。


このところの日本は、私と言う外人(日本人の顔をした)にとっては、冷たい日本でした。目をそむける。手を貸さない。何も言わない。なんて、非礼な国なんっだろう。だから、私はこの国を出たんだわ.............って思ってきました。その日本が今、今回の震災を機会に、前の...........昔、私が知っていた、世界中の人が知っていた................日本に戻りつつあるのではないかと思っています。ピンチの時にチャンスあり。この大震災をくぐりぬけて、犠牲になった方々を供養するためにも、日本の人たちがもう一度、日本人が本来持っている、「優しさ」「寛容さ」「礼儀正しさ」「勤勉さ」を持って前に進めば、必ず日本が復興していくのではないかとの確信が持てるようになりました。私もその役に立ちたい。


さて、こうしてテレビにかじりついていると、テレビに出てくる人々の「プレゼンテーション力」について感じさせられます。まず、枝野さんの優れたその能力。恐らく、彼にとっては自然なことなのかも知れませんが...............表情も、話し方も。人を安心させるものを持っています。彼は優れています。カンさんは、あまり。まず、元気がない。目がおどおどしている。声に力がない。その彼が、政治家になれるというのが不思議な感じがしました。いえ、こんな時期に、日本のマスコミのように揚げ足取りをする気はありません。マスコミに出てくる人たちも、本当にだめですよね。「今、どんなお気持ちですかあ」などというすっとんきょうな質問を繰り返す、女性レポーター。アナウンサーたち。こんなときに、薄っぺらい人生を送ってきてしまった人間の中身がばれてしまいます。東京電力の人々。彼らの甚大な責任は.................ともかくとして(言ったらきりがないから)、記者会見での発表の仕方、つまり、プレゼンテーションの能力のなさには、驚かされます。つまり、彼らはエリート中のエリートなのですが、話し方が分からない。明解、明瞭ではない。これは、聞いている人たちに不安感を与えてしまいます。子供のころから「でしゃばるな」「しゃべるな」と言われてきた日本の「悪い習慣」のたまもの?です。さて、こんな時期に、人を批判するのはこれぐらいにしましょう。今はそんな時期ではありません。


あれから一週間が経ったのですね。今日は、先週の金曜日午後2時に、一緒に打ち合わせをしていた人々と、もう一度打ち合わせをしにいきます。一週間前の日本と、私たちと、一週間後の日本と私たち。 DIFFERENT ! 変わりました。変わった私たちが、これからどんなプロジェクトを立ち上げるのか、楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/821-287ad91b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad