ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

La Tête en friche

気がついたら、今日は午後2時まで寝ていたのです。いえ、「朝」だと思って起きて、主人の作ってくれたブレブレッキー (..........オーストラリアは、単語を省略して使うことが多いので、これはbreakfast のこと.........)を美味しくいただいたら、主人が「林檎パイ食べる?」って... .。「やだあ朝から」って言ったら、「もう午後2時だけれど」って。ああ、そうだったんだ。朝、うとうとしながら「何時?」って聞いたら、「9時半。土曜日だからもっとゆっくり寝てれば」と言われてから、なんと数時間眠ってしまっていたんだあ。爆睡だったなあ。昨日の晩もそうでした。朝シンガポール経由でシドニーに着いて、自宅で少し仮眠して会社に。会社にちょこっと行って、自宅に戻り、また眠ったのでした。気がついたら、既に午後9時半を過ぎていて....「そうだ、パスタを作るって言っていたんだあ」とリビングに行ったら、主人が一人でトーストを食べていました。「ごめんなさい。夕食の時間過ぎたのね」と言ったら、主人に「いいから寝なさい」と言われて寝たのですが、実は、おなかがすいていて、夜更けに起きてごそごそ。主人がゆでていてくれたパスタにチーズを削ってふりかけて、チーン。美味しかった!

★ ★
トーストを食べていた主人が、「ホラ、見てみろ」って、部屋の電気を消して、リビングから見えるベランダの照明を見せてくれました。P1080611.jpg
「お前のために」って。ほほほお。そんなこと普通は言わないのに。そういえば、今回は珍しく、部屋の中も整頓されていました。「私の帰るのを、待っていたののかなあ」って、嬉しくなりました。P1080613.jpg
ツリーはまだ飾ってありませんでしたが、明日娘が来るようで、「一緒にすれば」って、主人が言っています。彼女が子供のころは、12月に入ったらすぐに、一緒に飾ったものでした。娘と言えば、昨日、仕事の合間に私に会いに来てくれて...と思ったのに、あまり話さない。機嫌も悪い。「香水は?」と聞かれたので、本当ならクリスマスにとっておくはずのMarc Jacob のDaisy の、練り香水が入った指輪をあげてしまいました。(ああ、クリスマスはどうしよう?一瞬、「綺麗いね」と言ってくれたので、ホッとしましたが、それからは、また機嫌が悪い。なんだ。母親は、香水を買ってくる運び屋なのか?彼女が最近行き始めた大学のことを聞いたら「あのね、今忙しいの。後からにしてくれない?」って、プンと膨れて仕事に行ってしまいました。涙。でも、その後、携帯メールで「さっきは、ごめん。週末ゆっくり話そう」。まあ、明日、お代官様のご機嫌がよろしければ、一緒にツリーを飾ってくださるのでしょうね。

★ ★
シンガポール航空ではまたまた映画を観ました。素晴らしい映画でした。フランス映画。大学以来離れていたフランス語やフランス映画やフランス文化とまためぐりあうことができるのも、シンガポール航空様のお陰です。今回観たのは、フランス語でLa Tête en friche 英語だとマルグリットとの午後。監督:Jean Becker 出演:Gérard Depardieu, Gisèle Casadesus, Maurane 。そう、あのジェラルド・デパルデュの主演です。ブログを書いていた人がいたので、要旨をちょっとお借りしました。


     主人公のジェルマンは、ほとんど文盲の45歳です。ビストロの仲間た
      ち、恋人のアネット、鳩を数える
     ために立ち寄る公園、母の庭の奥に据えた自分のキャンピングカーと小さな畑というごく限られた世界
     でひっそりと生活しています。
     ある日、いつものように立ち寄った公園で、彼はマルグリットという老女と出会います。マルグリット
     は農業の研究者で世界中を旅した経験を持ち、読書を人生の友として、今はひとりで老人ホームに暮ら
     しています。彼女もまた、鳩を数えていました。
     ジェルマンとマルグリットの間に、真摯な優しさと親子のような愛情、そして本物の交流が生まれま
     す。
b0169771_19405663.jpg


★ ★
これは、本当に素敵な映画でした。本当に素敵でした!It was truly wonderful film !日本ではいつ上映されて、どんなタイトルになるのか分かりませんんが、ぜひご覧になるように、お勧めします。このLa Tête en friche というタイトル、「愚かな頭」「まだ未開発の頭」という意味だということですが、学歴のない文盲の主人公は、実は、学歴があっても、本当のものをまだ見つけていない、我々のようにも思えました。謙遜であること。自暴自棄にならないこと。希望を捨てないこと。出会いを大切にすることで、人間は幸せになるのだと改めて思いました。ええ、もちろん、泣いちゃいました。


★ ★
それから、もうひとつ観た映画は、Suddenly, last summer「 去年の夏、突然に」。そうです。キャサリン・ヘップバーン、エリザベス・テイラー、モンゴメリー・クリフトの競演。これは有名なテネシー・ウイリアムズの作品であるにも関わらず、私は、まだ観たことがありませんでした。本が大好きな主人に聞いたら、主人も、まだこれを観たことがないって言っています。本とDVDをプレゼントしようと思いました。キャサリン・ヘップバーンが、incredible performance を見せています。まだの方は、ぜひどうぞ。日本では、35日間、全く休みなしで飛び回りました。疲労困憊。でも、旅の終わりにこんなご褒美があるなんて。How lucky I am !!

★ ★
昨日は、重かったけれど、愛犬サリーと一緒に寝ました。サリーは、最近体重がどんどん増えているのです。私がいないので、恐らく主人があまり散歩をさせないせいだと思います。サリーは主人と私の間で、主人と同じようにいびきをかきながら寝ていました。今朝起きたら、主人が、一発、大きなおならを。そして、昨日のお返しって。そう、飛行機でガスがたまったのでしょうか。昨日はどうやら、私、Gone with the wind 「風とともに去りぬ」ならぬ、Sleep with wind おならと一緒に寝るって、感じだったらしいです。またまたおあとがよろしいようで。今回は、いつまでオーストラリアに入られるのか分かりません。でも、毎日毎日を楽しみたい!日本でお世話になった方々に。今回もお世話になりました。またすぐお目にかかります。

スポンサーサイト

コメント

自分の居場所

不思議なもので、たとえ外国であっても、我が家は我が家です。一番に休まるものです。
私も経験があります。
イラクに居た時、母が急病で看病の為、日本に一時帰国、快適なはずの日本が、なんか居心地が悪くて、あの戦時下のイラクが、その時は 一応我が家ですから、イラクへ帰国して?ホッとした覚えがあります。

毎日の生活、自分の本拠地が 一番なのですよね。

  • 2010/12/18(土) 15:28:25 |
  • URL |
  • ハイジママ #-
  • [ 編集 ]

あら、ハイジさん、こんにちわ。本当に不思議です。眠ったせいもあるのですが、家に戻ったとたんに、身体がふわっと軽くなって。こんなに違うものなのですねえ。ところで、うちの野菜ちゃんたち。主人はちっとも手入れしないものだから。あまりキチンと育っていませんでしたが、いましがた、雑草取りをしたところです。伸び尽くしたミントとパセリは切り取って水を入れたコップに入れておきました。名古屋、なんだか、にぎやかそうですねえ。

  • 2010/12/18(土) 17:07:51 |
  • URL |
  • Mariko #-
  • [ 編集 ]

はじめまして。先日お会いした東京の有名市立O学校の校長先生からお名前をちょうどお聞きしていたところ、同じお名前をブログで発見して訪問させてもらいました。お話通りパワフルで楽しい内容で、このごろのブルグをほとんど読まさせていただきました。パワーをもらえました。またお邪魔します。

  • 2010/12/19(日) 13:41:24 |
  • URL |
  • goanna mama #-
  • [ 編集 ]

まあまあ

もしかして、私の中学の同級生のNさんから?二人でよく悪さしていたんですよ。先生いじめたりして。あっ、もしかして私だけだったかな。あまり上品なことを書きませんが、ぜひお寄りください。Nさんによろしく。

  • 2010/12/19(日) 20:22:07 |
  • URL |
  • MARIKO #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/779-135d0b60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad