ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

めっちゃ 楽しかった!

「真理子さん、大阪人みたい」って、名誉大阪人の称号をもらいました。大阪から来てくださった9人の新しい友人たちからです。私が大阪人みたいっていうのは、「めっちゃ、しゃべくるし」「めっちゃ、派手だし」というわけ。私も、「ほんまもんの大阪人になりたい」やっぱり「吉本」めざそうかなあ。それにしても、今回のセミナーは「めっちゃ」楽しかった。P1070981.jpg


★ ★
30年も日本を離れていると、日本という国や日本人に対して、無意識に「反感」や「差別観」を持ってしまうことがあります。日本人がすることを、「なんでやねん」と思うことが多々あるからです。たとえば、「偉そうにする人」がいると、「なんでやねん」と思います。でも、たとえば、今回のグループのような「ええ」日本人に会うと、「日本人って、ええなあ」と思います。私の日本人に対する差別観、「少しなおさな、あかん」

★ ★
日本の理学療法士は、これから10万人になろうとしていると聞きました。したがって、これから理学療法士たちの働く場を広げる必要があるのだとも。しかし、理学療法士たちが、本当の意味で「働く」のなら、彼らの働く場は、限りなくあるはずです。今回は、オーストラリアの理学療法士たちが、社会の広い場で何をしているのかということを学んでもらいました。ビジネスの場も、そのチャンスの話も学んでもらいました。オーストラリアの理学療法士たちは、より専門的に、また理学だけでなく「医学」も学び、チーム医療の先端にたっています。日本でも、近い将来そうなりますように。

★ ★
さて、研修の合間、下の娘、つまりお代官様と仲直りをしました。おっ、めっそうもない。つまり、仲直りをしていただきました。彼女が父親の日のために料理をしに家に戻ってきて、その料理の最中に、ご機嫌を悪くして、タクシーを呼んで帰ってしまったのです。主人と二人で呆然とする私。冷たい言葉も掛けられて、泣いてしまいました。この私が?そう、この私が。暫く心配でしたが、上の娘が「まあ、我慢するのね」「お母さんは、彼女のそばにいないし、何か言っても、いつもいない癖になによ、と思われるだけ。だから我慢我慢。いつか、私のように、お母さんのことが分かる日がくるから」と慰められました。おまけに、上の娘には「お母さんて、Drama Queen だわねえ」ともいわれました。Drama Queenって、大げさに嘆いたり叫んだりする人のこと。オーストラリアでは嫌われます。いずれにしても、2日ほど前に、お代官様は、まるで何事もなかったかのように家に戻ってきて、「あのね、この牛乳は、あまり科学的根拠がないのに、ラクトース・フリーだって言っているのよ。あまり信用しないほうがいいわよ」と、私が買ってきた牛乳について「ご講義」をいただきました。 この牛乳はなんでも牛から違うのだそうです。オーストラリアには、私のように、「ラクトースに弱い」人がたくさんいて、かなり売れてします。はいはいとお答えしました。それにしても、あの、嵐のような晩は何だったというのでしょうねえ。

★ ★
オバマさんと撮った写真です。これは、日本最後の晩に、 DOG ONE GINZAの社長、チヒロさんと行ったレストランで撮ったのです。オバマさんは、笑って私と写真をとってくれました。いい人ですねえ。でも、レストランで食べない人には「Give me 500 yen」って言うらしいですよ。P1070799_convert_20100913201104.jpg


★ ★
河崎リハビリテーション大学の研修の間、シドニーには、美しい夕方の虹がかかりました。めっちゃ綺麗でした。
P1070886.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/734-032cd7f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad