FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

50年ぶりのバッタ

昨日、大阪から東京について、宿に戻らずに、打ち合わせをしたら、夜遅くなってしまいました。今朝は、柏経由で茨城の美浦だったので、柏に住むMICHIOさんの奥さんに電話をして、これからMICHIOさんと一緒に家に帰っていいかとお願いしました。打ち合わせには彼もいたのです。奥さんは、今朝早く、乗馬に行く予定だったのに、快諾してくれて、私たちを柏の駅まで車で迎えに来てくださいました。本当に涙が出るほど嬉しかった。そして、昨日の晩は「薬を飲んでゆっくり寝たほうがいいですよ」と、薬まで下さって、短い時間でしたが、私はぐっすり休むことが出来ました。あまりぐっすり眠ってしまって、奥さんも、坊ちゃんも、朝早く出かけたのに、全く気づかなかったほどです。THANKS!

☆ ☆
そして、今朝、美浦に行きました。かなりシビアなミーティングが終わってから、知り合いの育成牧場を訪ね、立ち話をしていたら、ピョン。「あっ、すみません。50年ぶりに見るバッタです」と仕事の話中に、バッタを追って草むらにいきました。「もう、いないでしょう」と言われたのですが、バッタはいました。もう、すごーい感激。大きなバッタでした。その後、またもうひとつの牧場に打ち合わせをしに行きました。Iさんとお目にかかって話をしていたら、またバッタが。「あっ、バッタ」またバッタを追って草むらに。「すみません、話の腰折って。でも、バッタは50年ぶりなんです」今度のバッタは、色が緑ではなく、枯れた茎と同じような枯葉の色。そしたら、今度はトンボも飛んできて..........「シオカラトンボだ」.........幼い頃が一瞬戻ったような気がしました。ただただ、嬉しくて。

☆ ☆
昨日、急に大切なことを思い出しました。亡くなった母のことです。母の命日は8月14日だったことを急に思い出しました。急に思い出すって、親不孝ですよね。実は忘れていたということですから。なんだか、母が、「真理ちゃん。たまには思い出してよ」と言っているような気がして、14日は仙台にお墓参りに行こうと思います。当然、汽車が混んでいるので、14日の午後に行って、翌朝7時の汽車で、東京に戻ります。ちょっと大変だけれど、それぐらいしなければ。お母さん、会いに行きますよ。

☆ ☆
母は、長い間、小学校の教師をしていました。何十年経っても、生徒のことを忘れることがありませんでした。本当に心の優しい人でした。自分のことを考えずに、いつも人のことを、真っ先に考える人でした。とても、美しい人で、お洒落が大好き。いつも素敵な洋服を着ていました。また、ダンスが上手で、日本舞踊の名手。ご飯を食べながらも、踊りの振り付けをしているような熱心な人でした。私は、母の何も継いでいいないなあ.......と思っていたら、よく考えると、私はここ何年か「教育」に携わっていました。オーストラリアに三つの競馬学校を立ち上げたのも、やっぱり母の影響かも知れません。犬のことを学ぶ学校も作りましたし、セミナーや研修という形で、教育に携わってきました。教育ではお金をたくさん得ることができません。でも、お金以上のたくさんの事を得ることが出来ます。教育は人の「未来」を作り出す仕事です。

☆ ☆
この8月から、私は、熊本にある九州動物学院の国際ディレクターとしてお手伝いをすることになりました。理事長の徳田先生から、「学院の国際化に力を貸してください」と頼まれたのです。ハイと二つ返事で引き受けることにしました。とてもとても楽しみです。これからは、動物のこともグルーバルな視点で学ぶ時代です。いえ、動物の子とは、やはり外国から学ぶべきなのです。残念ながら、日本には、動物と共生するという視点が欠けていますから。などというと、また批判を受けそうですが、あえて言います。日本には、「犬畜生」という言葉があり、犬をコンパニオンアニマルとして受け入れ始めたのは最近のことです。鎖につながれがままの犬、まだ日本にはいるでしょう。ね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/701-dfd65d7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)