ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

ごめん...なさい

主人が今朝病院から戻りました。まだ、少しフラフラしています。手術の為に使った様々な薬がまだ身体の中にあるようですし、カテーテルを入れた場所もまだチャンとくっ付いていないなのです。重いものを持ち上げたり激しい運動をしないようにと言われたよう。おまけにあと4日間、自分で腹に注射をするように言われてきたらしく、娘と私に「オーイ、ボランティアで注射してくれないか」って。ああ、コワ。嫌だって言ったら「じゃあ、腹に注射刺して、壁に向かって行こうかな」ってもっと怖いことを言っています。

☆ ☆
昨日は、病院で、カテーテルを入れるために、看護婦があそこ、つまり睾丸の近くを剃刀で剃っていました。「夜にさ、看護婦がやってきて、毛布の下に顔を突っ込んで、大丈夫かしらって、チェックしにくるんだよ。俺は今どこにいるんだって、一瞬考えてしまったよって、主人。「きっと、天国にいたんじゃないの。若い看護婦があんたのアソコチェックしにくるんだから」って私。

☆ ☆
それにしても、今晩の夕食、何を作っていいか全くノーアイデア。娘も、お父さんが作れないのだから、きっとピザでしょっっていうような顔をしていました。「俺は食べないから」って主人が言うので、「そう、じゃあ、簡単に私が作る?ね」ったけど、どうしていいか分からないでグズグズしていたら、主人が、台所に立って料理をし始めました。「あっ、休んでていいのに」って言ったのですが、「いいから」って、結局、病み上がりの身体で、とても美味しい夕食を作ってくれました。自分は食べないのに。ごめん.....なさい。でも、また美味しかった。

☆ ☆
今朝、ゴールドコーストに住んでいるミネコチャンから「真理子さん、今日主人の馬が走るんです」って電話がありました。彼女のご主人は調教師。我々の馬を管理してくれています。「休養明けなんだけれど、かなり大きなオッズがついていて、でも、主人がイケルかも知れないから、真理子に知らせろっていうものだから」って。午後1時過ぎ彼女からまた電話。「真理子さん、レース見てました?」「あっ。寝てました!」今朝、主人を病院に迎えに行って、家に戻ったら、昨夜寝ていない疲れが出てしまって、2時間ぐらい主人と一緒に寝てしまいました。携帯には、レース12時って、ちゃんとアラームしておいたのに。それも気がつかないぐらいグッスリ寝ていたんだ。ミネコチャンちの馬、結果は3着だったけど、複勝でも7倍ついたそうです。また、馬券逃がしちゃった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/70-2f1f61f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad