ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

香水のかかった馬糞の臭い

2週間前にシドニーに戻ってきてから、あっという間に時が過ぎてしまいました。今日は、本当にいい天気で、洗濯おばさんの私はうきうき。それにしても、このところずっと洗濯し続けで、あまり洗うものがないのです。主人が「ホラ」と、ひとつしかない外出用のジーパンを出してくれました!やったね。洗濯物を干して、それから、仕事を少しして、それから、午後は、映画に行きました。「ねえ、映画観ようか」って昨日言ったら「何かいい映画でもあるのか」って。急いで調べましたが、主人の好きそうな映画がありません。彼は、現代風のアメリカ映画はきらいだし、いかにも哲学的なものも駄目だし、恋愛映画はタブーだし.........本当に難しいのです。「ロビン・フッドやっているかな」調べたらもうとっくに終わっています。気がつかなかったのですが、このロビン・フッドは、ラッセル・クローの出ているものだったのですね。シンガポール航空であるかな。

☆ ☆
そしたら、主人が「CENTURIONに行こうか」って言うので、何だか分からないままにYESをして、午後に行きました。古代ローマが、スコットランドに遠征に行ったときの物語。ローマ軍は、スコットランドを攻めて、そしてそのまま、その軍隊がどうしたのか、謎になっていたようです。ローマは二度とスコットランドに行きませんでした。プロットは面白いし、スコットランドの自然も、綺麗。でも、半分は、首をきったり、ぐさっとしたり、大変なバイオレンスで、私は顔を覆いっぱなし。入場料を半分返して欲しかったなあ。日本の誰かが書いた予告編は次の通り。首がどさっと落ちたりするのがお好きな方はどうぞ。あとで主人に感想を聞いたら、NOTHING MOVIEって言っていました。まあ、取り立てて何も言うことのない凡作だと言っていました。私も同意見。

映画 『ドッグ・ソルジャー(Dog Soldiers)』 『ディセント(The Descent)』 最近
ゎ 『ドゥームズデイ(Doomsday)』 のニール・マーシャル(Neil Marshall)が
監督・脚本をつとめる 古代ローマが舞台となってる歴史アクション映画 『センチュリオン
(Centurion)』  主演は 『300(スリーハンドレッド)』 の
マイケル・ファスベンダー(Michael Fassbender) その他にさ ドミニク・ウェスト
(Dominic West) オルガ・キュリレンコ(Olga Kurylenko)などが出演し
ています
 


マイケル・ファスベンダーというのは結構イケル。ハンサムだし。でも、誰かに似ているよねえ。誰だったかしら。


☆ ☆
ランチは、映画館近くの SOBANという韓国レストランに入りました。ほとんど白人がいない。それにしても、やっぱりキチンと、客を観察しないウエイターばかりで、映画が始まりそうなのに、メニューも来なければ、食事も遅くて、ちょっとイライラしました。「すみませえん」といいそうになって、主人に、マナーがないと叱られました。SOBANって、韓国語で小さなテーブルのことなんですってね。主人はブルゴギ、私は、キムチと魚のなんだったか(忘れました)。味は、まあまあ。でも、久しぶりに主人と出かけたので、それもまあまあ。

☆ ☆
車の中で、主人がくんくんして、「何だか馬糞の匂いがする」って。もしかして、私の靴についていたのかも知れないのですが、主人が「お前が話すと匂いがするから、口がくさいんじゃないか」って言うのです。ハンドバッグから、口臭を消すシュッシュッ(これも何と言うのかなあ)をして、「どう、これで消えた?」って聞いたら、主人は「香水のついた馬糞の臭いのようだ」って言うんです。なんと。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/687-b724e891
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad