ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

CLAPとCRAP

英語の世界で暮らして、既に30年になろうとしています。私は、毎日新しい言葉や新しい表現を覚え、勉強していますが、まだまだその旅路は果てしないような気がします。それだけ英語の世界は奥深いといえます。したがって、2,3年外国生活をして自分の英語がペラペラだと思っている人を見ると、チャンチャラおかしくなります。

☆ ☆
英語で難しいのはやはり発音。しかも、RとLの発音は、我々日本人にはとりわけ難しく、私のように長い間、英語に囲まれて暮らしていても、心して発音しないと、RとLを取り違えて発音してしまいます。日本語風の発音だと、どうしてもRとLの真ん中の音になってしまうのです。ローマ字というのも、実は大変厄介なものです。私の名前のMARIKOは英語の人が読むとRになりますが、実際は、(R+L)÷2。でも、私はもう自分でもRで発音するようにしています。Rにアクセントをつけて、マリ~コという感じ。まるで英語の名前のようになりますが、まあ、それでいいのだ。さて、困るのは、RとLで大きな違いが出るとき。例えば、CRAPは糞でCLAPは手をたたくこと。そういえば、何故”糞”をCRAPというか、前に、頭脳明晰な(?)うちの主人が教えてくれました。これは、世界で最初に便所を作った人の名前がMR CRAPPER だったからなのだそうですす。真偽のほどは分かりません。もしかしてCRAPかも知れません。

☆ ☆
日本人のお母さんが、彼女の子供が通っている小学校にいきました。オーストラリアには、PTA参加型のイベントが小学校では良くあります。先生のヘルパーとして母親たちが教室にアシスタントにいくことも多いようです。さて、その日本人の母親は、教室で、先生と一緒に子供たちに歌を教えていました。手をたたきながら(CLAPPINGしながら)....手を叩きましょう、CRAP、CRAP、CRAP。気がついたらクラス中がシーンとしていたそうです。先生も、生徒も、日本人の母親をじーっと見つめて....。そうです。彼女は、大きな声で、”くそ・くそ・くそ”って歌っていたわけです。

☆ ☆
私は下の話をたくさんします。したがって、この手の話がお嫌いな方は、私のBLOGを読まないでください。身体に悪いですから。

☆ ☆
ブリスベン出張は大成功でした。近い将来、日本にアット驚くような新しいビジネスを持っていく予定です。そのうち、私が何を企んでいるか、お知らせしますネ。さて、明日は、主人の心臓の手術です。主人は、病院に着いてくるなと言って、今日まで病院の名前を教えてくれませんでした。でも、さっき、来るならコイ、って。全てうまくいけば、病院に泊まらずに、夕方、家に帰ってこれるそうです。主人に何かあれば、私も生きていけませんので、ぜひぜひ何事もないように祈っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/68-0500cd37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad