ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

オーストラリアの鳥

オーストラリアに戻ってくると、心も身体も洗われるような感じです。朝から晩まで鳥の声がするからです。仕事場にいた私が「ねえねえ」と大声でしゃべりながらリビングルームに入っていくと、主人が「シー」と言います。ホラ。リビングから、ベランダに来ているロゼラという大きなインコのつがいが、一生懸命に餌を食べているのが見えます.......ああ......私も静かに椅子に座り、彼らを眺めます。「恐らく、今子供を産む準備か、子供がいるのかも知れないなあ。必死だからなあ」と主人。主人は続けます。「それにしても、あいつらは頭がいいよなあ。あそこに、小さなえさ箱があるって知っているんだから」ワイルドライフにあまり立ち入ってはいけないことを知っているので、わたしたちは、ほんの小さな餌箱をベランダに提げています。彼らが来ることもあるし、「今日は、恐らく、お腹が一杯なんだわねえ」などと、ちょっと寂しく思うこともあります。P1070750.jpg


☆  ☆
私の留守中にクッカバラ(笑いかわせみ)は来た?「来たけど、あんまり頻繁にはこなかった。雨が多かったから、獲物が多いんだろう、きっと」クッカバラは、ミミズとか、虫の類を食べますから、雨で地面が濡れているときにはイージーに獲物がとれるので、うちには寄りません。それでいいのです。先日、サリーを散歩に連れて公園に行っていたら、電話が入りました。「ブッシュターキーが、またやってきたぞ」いえ、ターキーからの電話ではなく、主人からでした。まだ、いるんだ。まだ元気でいるんだなあ。P1070757.jpg 日本に行く前に、やはり公園に行った時に、ちょっとだけターキーを見かけました。サリーがかなり関心を示したので、急いでその場を立ち去りました。無事でいてくれればいいなあと思いました。すると、この朗報。主人がダーキーの写真を撮りました。


☆ ☆
どうやら、雨続きで、主人は、庭の草刈をしていなかったようなのです。あらあらと、出張から戻って思いましたが、そんなことを一言でも口に出したら、大喧嘩になってしまいますから。しー。しかし、雑草が美しい花を咲かせていました。とっちゃうのは惜しいなあ。P1070724.jpg  私の野菜たちは、大雨のせいでしょうか。ほとんどが全滅。でも、ポットではなく、庭に植えたパセリが元気に育っていました。ラッキー!P1070725.jpg

☆ ☆
毎日、できるだけ、こうしてオーストラリアの自然と会話を欠かさないようにしています。もうすぐ日本出張で、こんな時間も持てませんから。そうそう、新しい事務所の近くの木には、大変な数の鳥が集まってきます。その木の下には、大量の糞、そして鳥が出す喧騒。日本だったら、恐らく、木を切るか、鳥を殺しているだろうなと思いました。近所の迷惑になるとかいって、でも、オーストラリアの人たちは、彼らがいるから私たちがいるのだという気持ちを忘れません。何の鳥なのかしらと主人に聞いたら、レイボーカラーのロリキートだと教えてくれました。


スポンサーサイト

コメント

レインボーロリキート、実は騒がしい鳥ですよね!たまに行くショッピングセンターの駐車場に大きな木があって、夕方~夜はロリキートの寝床になってるみたいですごい数と騒音です。こんな所の近所に住む人たちはうるさくてしょうがないだろうと思いますが、木は切りませんよね。また、そこを寝床としているロリキート達がカランビン(ハイウェイで30分くらいの距離)にある動物園へ、餌付けの時間に集まるのもスゴイと思います。来週から始まる旅で、オーストラリアの大自然をいっぱい見て行きたいと思います!

いやあ羨ましい!

今度はあなたのブログ追っかけますね。たくさんの動物と自然から、たくさんのものをもらってきてくださいね。いやあ、ドキドキする。私も、若かったらなあ。仕事がもう少し楽だったらなあ。おっと、愚痴が始まるので、やめましょう。

  • 2010/07/27(火) 15:59:33 |
  • URL |
  • MARIKO #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad