ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

熊本から世界へ。。。。。

「えっ?大阪から熊本に電車でいかれるのですか」と、先日、大阪で聞かれました。ええ、と答えながら、果たしてそんなに驚かれるほどの距離なのだろうかと、ヤフーの「路線」で調べてみると、お昼頃大阪を出て、4時ごろには着くのだから、なんだ、近いじゃん。私にとっては、「わずか」4時間なのです。オーストラリアでは、6時間や7時間、車で移動することは平気のへいざ。私は、シドニーからメルボルンを、11時間ぐらいかけて、車で移動したことがあります。競走馬の産地のハンターバーレも、片道4時間はかかります。往復しめて8時間。バレーといっても大きな盆地なのですが、そのハンターバレーに入ってからでも、牧場と牧場の間を1時間も2時間もかけて移動するのです。オーストラリアという大きな国では、日本の人たちとは別な距離感や時間間があるようです。私も…もうオージーなので、日本国内での移動は、あまり気になりません。


☆ ☆
という訳で、今日は午後12時45分発ののぞみで博多に。博多から熊本に乗り換えます。午後5時過ぎには着くと思います。(新幹線の中でこれを書いているのです。。。。。。。。)音楽を聴きながらちょっと居眠りをしていたら、もう広島に着いて、広島を過ぎて、今、博多にまっしぐらに向かっています。気がついたら、何本かの電話が入っていて(このごろ、めっきり耳が聞こえなくなってきています!)、折り返しの電話をしているうちに、いくつものトンネルに入ってしまいました。日本は今更ながら、山国なのだと思いました。大阪から、博多ま出一体いくつのトンネルがあるのでしょう。ちょっと調べてみたい気がします。

☆ ☆
今朝、ほんのわずかなお金をオーストラリアまで送金しようと東京三菱UFJ銀行に行きました。私の知っている三菱は三菱だけだったのに、すごいですよね。この合併振り。さて、まず窓口で言われたのは、窓口では個人の送金を受け付けないということ。テレビで送金を受け付けるからといわれました、テレビねえ。そこで、テレビ電話のある個室に入りました。色々と、書類やパスポートなどを「インスタントに」読み取る機械にかけて、テレビに映っている女性の行員の方と話したら、「少々お待ちください」と言われて、かなり待たされた後に、実は、「非居住者の外国送金を受け付けない」というのです。えええ。今まで、三菱でも他の銀行でも、何度も送金をしていたのに。今回はどうして駄目なの?理由は「責任がもてないから」って。つまり「何かあったときに、大阪の支店に出頭してもらって解決する必要があり、私のように、日本に居住先のないもの、特に、大阪にないものは受け付けないというのです」。つまり、彼女の上司が、「責任をとりたくない」ということなのでした。

☆ ☆

ぐずぐずしている時間がないので、文句も喧嘩もせずに(したかったのですが)、タクシーですぐ「リそな銀行」に駆けつけました。「りそな」には既に外国送金用のカードを作ってもらっていたので、あっという間に送金が出来ました。「責任とか何とか」しのごの言わずにやってくれました。よく分からないなあ。どうして三菱は駄目だったの?さて、テレビの個室に入って、色々な質問をされましたが(まるで尋問)、「北朝鮮には関係ありませんね」と聞かれました。あとで、MICHIOさんから、「韓国に送って、それから北朝鮮に金を送る人がいる」と聞きましたが、「オーストラリアから北朝鮮に送る人もいるのでしょうかねえ」いえ、誰にでも聞くのでしょうから、別にいいのですが。ただ、北朝鮮に送金するような不心得者が、「送りませんね」と聞かれて正直に答えるのかどうか。

☆ ☆
今、抹茶のアイスクリームが溶けるのを待っています。それから、ウオークマンをPCに差して充電しています。「のぞみ」の窓際には、充電用の差込あるので、ノートパソコンで仕事をしています。ウオークマンでは、NZのオペラ歌手、キリ・テ・カナワの南太平洋を聞いていました。「あの男のことを頭から洗ってしまおう」という歌を久しぶりに聞いて、その昔、主人をあきらめようとしていたことがあって、そのときに、上の娘とこの歌を歌いながら風呂に入ったのを思い出しました。上の娘が「どうして、お母さんは、彼を忘れたいの?」って聞くので、「そうねえ。ぶつぶつ」でも、あきらめたと思った彼が、「一緒に、会社の家具を見に行かないか」って、ある日私の事務所にやってきてそれからまた、寄りが戻ったのです。一時別れる前に、「会社用に中古の家具を見に行くつもりなの」と言っていたのを彼が、つまり主人が覚えていてくれたのでした。なんて、昔のことを思い出してしまったなあ。

☆ ☆
とかなんとか言っている間に、博多に着いて、熊本に着きました。熊本では、DR TOKUDAと「教育の話」「未来の話」をしました。「教育は未来です」熊本から世界に……………….またいつか、じっくりその話をさせてください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/652-1c862aef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad