ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

変わらない日本社会

「なぜ、要望があるのだったら、もっと早く、しかも文書で言わないのかしら」と、昨日、雨の晴れ間を見つけて愛犬サリーの散歩をしながら、私はメルボルンのJINさんに電話で、愚痴りました。雨といえば、シドニーは、私がこちらに戻ってきてから、晴れたのはたった1日だけ。昼はちょこっと晴れても、夜にはまた雨。私の大好きな洗濯も出来ません。イライラ。「いいたい事があれば、何でも言ってくださいと、最初から言っているのよ。でも、言わない。で、後から言ってくる。これって、昔の日本人はどうだったのかしら」聞いたら、JINさんは「いやあ、昔も今も、日本人はそんなもんですよ。言うと悪いとか思って、言わないですよね」「そうか、日本人は、まだ変わらないんだ」ネゴシエーションという言葉も虚しくなるような、仕事の方法。根回しだの腹芸だの,,,,,,,,日本人社会はまだほとんど変わっていなかったのだ........道理で、世界から見はなさられるはずだ.........今回のことに関して、オーストラリア人は言いました。 THEY ARE DISHONESt..............今まで、世界で日本人ほど正直で誠実な人間はいないと思ってきたのだけれど、それは、大いなる誤解だったのかも知れません。


☆ ☆
このところ、仕事の夢ばかり見ていました。ずっとずっと見ていました。一夜たりと、今回の仕事について忘れたことはなく、それが夢になって出てきているのです。60年間、そんなことは一度もありませんでした。憑かれたようになって仕事をしている、その仕事の結果は.........遅遅としていて........見えません。昨日は、頭の中で、WHYという言葉がぐるぐる回って、そのまま何も続けられそうに思えなかったので、薬を飲んで寝ました。


☆ ☆
JINさんが「折り入って」相談したいと言ってきたのは、韓国に関することでした。「自分の思うようにやったらいいわよ」と彼に言いました。「他人が何と言っても、自分がしたいと思うことはする。しかし、するにあたっては入念に準備を進めて、そのしたいことが出来るだけ成功するようにがんばれば、たとえ、その目的が果たされなくても、何か必ず得られるものがあるから」と言いました。そう、私はそれを信じています。といいながら、短い散歩から戻ってきて、主人の作ってくれる夕食を待つ間に、ずっと懸案だった、昔の写真のスキャンを始めました。アットランダムにし始めたのですが、何と、こんな写真が見つかりました!スキャン0012-1スキャン0011
 実は、これ何年前か韓国出張をしたときに行ったマッサージ店で「チマチョゴリで写真撮れます」って日本語で書いてあったので、ああ、夢が適う.....とばかりに撮ってもらったものです。私は、韓国のチマチョゴリが大好き。派手な色の組み合わせも、スタイルも大好きです。とこんな風になりました。韓ドラの主演にはなれないけれど、美しい女優をいじめる、意地悪なオモニ(母さん)か、アボジ(おばちゃん)にはなれるかも!ところで、韓国から戻った時にこの写真を主人に見せたら「ばかげてる。すぐ片付ける」と、ほとんど見てくれませんでした。WHY? こんなに美しいのに!?


☆ ☆
スキャンし始めたら、何千枚もの写真があることに気がつきました。これらの写真は陽の目を見ることもがなく、私が死んだら、ほとんどは意味のないものになり、もしかして棄てられるのか知れないと思いました。したがってできるだけ多くスキャンしたら、アルバムとして編集して、英語の説明でもつけて、娘たちに渡したいなと思いました......が、その時間あるかなあ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/632-9f452e1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad