ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

シニア割引

実は、来週、東京から大阪に抜けて、それから、熊本に行って、東京に戻り、北海道に行く予定です。距離にすると、3000キロかな4000キロかな。実は、その行程を東京・北海道を除いては、全部JRで行くことにしたのです。WHY?いや、まあ。金もないのだけれど、オーストラリアからJRパス21日間というのを買ってきていて、その期限が切れるのが11日。したがって、大阪から新幹線で福岡。福岡から熊本に10日。11日に半日だけ熊本で仕事して、それから、8時間ぐらい(?)かけて、東京に戻る。そうすれば、パスの期限いっぱいに、持ち出しなしに移動することができます。東京から北海道には当然、飛行機ですけれど。ケチケチ旅行は、まだ続きます。東京からエアDOのシニア割引を使って北海道に行く予定なのです。熊本のホテルでも、実は、年齢を証明すれば、60歳以上はシニア割引があることを発見しました!やった!!お話したことがあると思いますが、前に、シンガポール動物園で、パスポート見せて、割引もらおうとしたら、レジデント・オンリーって断られてしまいました。だから、今回、日本で、こうした割引が使えるのは、すごーく嬉しい。他にも何か使えるもの、ありますかね。映画かなあ。この連休に見たい映画がありますので。

☆ ☆
今日は、またまた嬉しいことがありました。実は、本当に親切なデンティストに会ったのです。大阪でも親切なデンティストに会ったのですが、どう考えても、大阪滞在は短いんです。だから、ブリッジを作るのは時間的に無理です。じゃあどうしよう........って思ったら、友人がBEST DENTISTを紹介してくれました。私のブリッジは、とりあえず接着剤でつけていただいた仮の歯なのですが、ここ数日肩がこったり、頭が痛くなったりしていたので、おそらくブリッジが落ちかかっているのではないかと本当に心配でした。今日の診断では、ブリッジはまだ大丈夫。でも、かみ合わせがちょっと悪いので、それを削ってくださいました。時間的な限界があること。保険はもっていないこと。資金に限りがあること。また60歳以上で、先に限りがあること(つまり、30年はもたなくてもいいこと)など、お話しました。先生は、その状況を理解してくれて、ではどのような手段をうったらいいかという説明をしてくれました。



☆ ☆
実は、私のブリッジは、まだ25歳だったアナウンサー時代のものなのです。ちょっと前歯の一本に穴があいたら、新米のデンティストは、「じゃあ抜きましょう」って、3本も抜いてブリッジにしたのです。友人と酒を飲みに行って、ししゃもを食べたら、ブリッジが落ちました。なんということ(今でも、ししゃもは、怖い)それから、心配になって他の歯科医に行って何とか直しましたが、オーストラリアに行ってから、そのブリッジはまた落ちました。その当時は、娘と二人で生きていたシングルマザー時代です。日本人の友人から紹介を受けて「あまり高くない」歯科医を紹介してもらいました。支払いを何度かにわけていただいて5本で3000ドルで。それから、25年して、ついにブリッジは落ちたのです。今日の先生は「そう、中国系の歯科医ですか。普通外国で治療をすると、あまりいい結果を持ってこない人が多いのですが、これは優秀ですよ」って、その先生を褒めました。それから、私が25歳でブリッジになったって言ったら、「昔は何でもすぐ抜いたんですよ。それも下手な医者ほど。同業として、本当に申し訳ないことをしました」って、お詫びをされるのです!なんという誠実な先生でしょう。偉い方がいらっしゃるものですね。


☆ ☆

電車の広告で、「女の数だけ、ベージュがある」って書いてありました。ないない。私はベージュ嫌いだもの。なにを言っているんだろう。それから、今日、電車の中で「コロンブス」という映画の批評を読みました。とても面白そうです。できれば、時間を作って観たいと思っています。岩波ホールで明日から上映だそうです。シニア割引あるかなあ。ここ何日かは、ミーティングなども少ないので、エクササイズのために、ウオーキングもしたいと思っています。でも、あの「オバサン・オジサン」帽子は被りません。あれは、もうオバサン・オジサンの制服のようなもの。いやだ。いやだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/616-e7764146
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad