ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

なにわの湯にいきました

昨日も2時間近く歩いたせいでしょうか。あるいは、いろいろとあるせいでしょうか、身体が固まっています。私の泊まっているホテルのバストイレのユニットは大変狭く(もちろん、そのおかげで部屋はまあまあ広いのですが)、風呂に入るのも縮こまらなければ入れません。これ、背の高い外人は無理ですよ、きっと。そこで、今日は、温泉に行ってくることにしました。昨夜、検索して探しました。今、泊まっている谷町4丁目から一番近いのは長柄にある天然温泉「なにわの湯」でした。駅にするとここから5駅目。ちょっと歩くのはしんどい。地下鉄でいきました。前に、こういう都会の温泉には何度か行ったことがあります。渋谷の女性だけの温泉にも連れていっていただいたことがありますが、どうやら、あそこは、爆発して消えてしまったようです。千葉の柏でも中野さんにつれていってもらったことがあります。いえ、一緒に入ったわけではありません。それにしても、今回は一人、ちょっとした冒険気分です。

☆ ☆
「靴は?」ああ、そうか、下足箱か。入浴料は?自動購買の機械。おやおや、買わなければならないものが結構ありました。特に、タオルとバスタオル。他の人たちは、大きなバッグにタオルやそのほか色々もってきているようでした。今日は、女性専用の岩盤浴も試してみることにしました。話には聞いていて、一度入ってみたかったものですから.....今年は何でもTRY!です。40分で600円。寝るだけなのに、高いような気もしましたが、すごく気持ちがよかった。もっとも、皆が静かに寝ているのに、私のお腹が、ぐぐぐっと鳴って...........皆様、すみません。着ていた甚平がぐちゃぐちゃになるほど汗が出ました。それから、マッサージ20分と眼精疲労のマッサージを20分。揉んだ人が、「あっ」と驚くような身体の硬さでした。背中を押してもらったら、腰の下が「すごくこっています」といわれたので、やっぱり腎臓かな、あれは、腎臓結石だったのかな、などと思いました。そして、また、温泉に戻りました。



☆ ☆
ところで、着衣場のロッカーには、「盗撮と思われる恐れがありますので、携帯は使わないように」と書いてありました。それもそうだ。と思ったら、隣の、すごーく美しき若い女性が、携帯をかけながら、着物を脱いでいます。つい、「携帯はだめだと書いてあるでしょう」私の声に一瞬驚いたようすでしたが、それを無視して、彼女は、中国語でまた話を続けています。やめる様子はありません。私は、もう一度言いました。中国語ではなく、日本語ですが........「ここでは携帯だめだって書いてあるっていいましたよね」と一段ときつい調子に。彼女はやっとやめました。もっとも、私が、どうして彼女にそんな態度をとったのか、ちょっと検証してみることにします。おそらく、中国の人のマナーを日ごろからよくないと思っているから、あっ、またかと思ったこと。もうひとつは、日本語のサインが読めないという場合もあります。したがって、教えてあげようとした......日本の習慣を知らない、あるいは忘れている私がいうのも、本当に変だと思ったのですけれど。もっとも、今回の注意は、日本人でも、他の人でもしたと思いますから、決して人種差別ではありません。でも、マナーの悪い中国人は多いような気がします。オーストラリアでもそうですが。


☆ ☆
とてもいい陽気で、ビルの上の温泉の露天風呂には、老若女女(ろうにゃく、じょじょ?めめ?にょにょ?)が集っていました。中の風呂場から、外の風呂場が見えます。裸で、胸と腹をゆらしながら、移動する「人間」の姿が、実にHAPPYに見えました。子供たちも、裸で飛び回っています。ああ、おおらかでいいなあ.........温泉大好き。


☆ ☆
ホテルに戻る前に、梅田によって、阪急で今夜のおかずを買おうと思いました。しかし、前にも経験がありますが、お腹の減っているときに、決してデパ地下には行ってはいけませんねえ。目も腹もくらくらして、何を買っていいか分からず、全部買いそうになりました。デパートに入ってすぐに、美味しそうなにおい。たこ焼きです。すぐ、INSTANTLY 買ってしまいました。入り口を入って同時ぐらいでした。10個450円。「ソースにしますか。塩にしますか?」塩のたこ焼きってあったんだあ。「迷っちゃうなあ」と言ったら、気のいいアンちゃんが、「普通はしないのですが、半分半分にできます」って言うんです。これが、フレキシビリティであり、これがサービスですよね。最近の日本にはこういうところがないので、そのアンちゃん、「あんたは偉い」!

☆ ☆
「なにわの湯」なにわの湯は、都会のリゾート温泉とうたっていますが、まさにそのとおりでした。ただ、食事はだめ。メニューがないし、何とか「海草の入った鳴門うどん」というのを食べましたが、ひどい味。あれは、全くいけていませんでした。皆さんも、「なにわの湯」に行くときには、食事をどこかでとってからにしてください。それにしても、スタッフも感じがいいし、今日は、本当に「湯」かった!さて、一息いれて、また仕事です。明日は、東京に移動します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/614-507ea06e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad