ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

メルボルンのガーデンショー

メルボルンのガーデンショーに行ってきました。最終日の日曜日に行ったのですが、幸いなことに雨が降りそうで降らなかった!場所は、ロイヤル・エキジビション・ビルディングとカールトンガーデン。このビルは、1880年に 万博が開催されて、さらに1901年、オーストラリアで最初の議会が開催されたところでもあります。隣接するメルボルンミュージアムには何度か行きましたが、エキジビションビルディングの中に入ったのは初めでです。建物の中の天井には壁画があり、ちょっとローマの大聖堂のような感じです。P1060846.jpg ガーデンショーには、花で囲まれた車やP1060849.jpg
、色鮮やかな花々。チューリップ畑って久しぶりに見たのですが、綺麗でしたよ。P1060832.jpg

そして、野菜も!P1060821.jpg
私は日本向けのアイデアを探しに行ったのですが、なかなかの収穫でした。最近は、ホビーが仕事になりつつあります。

☆ ☆
実は、先日主人のお母さんが倒れました。彼女は87歳。遺伝的な心臓の病を持ちながら、それでも、今まで頑張ってきました。彼女は今でも一人で住んでいます。今回病院に運ばれ、何とか回復したので、また家に戻ってきました。病院で会うよりは、家に戻ったらお母さんを訪ねたいと言っていたので、今回、主人も私と一緒にメルボルンにやってきました。お母さんの家に行く途中、兄と姉を訪ねました。兄の家には、ラゴトというイタリアの犬がいます。主人の兄はイタリア人と結婚しています。この犬種はイタリアではトリフュの探知犬として飼われているのですが、オーストラリアでは珍しい犬種なので、入手するのにかなりの長いウエイティングだそうです。義兄は、何でも1年位待って、2000ドルも払い、やっと手にいれたのだといいます。可愛かったけれど、まあ、うちの犬の方が可愛いし、どんな犬でも可愛いのだから、2000ドル分、シェルターに寄付したらよかったのに.....と思いました。P1060854.jpg


☆ ☆
いつも元気な義母を見ていたので、今回の彼女の衰弱振りにはちょっとショックを受けました。それでも、彼女は、「誰の家にも行きたくない。自分のベッドで寝たいし、自分の家にいたい。その方がくつろぐ」と、頑張っているのです。彼女は、私に、「恐らく、私のジャーニーは、ウエイアウトだと思う」と言い方をしました。つまり、自分はあまり長くないのだということを言いたかったのです。私が「そんこと言わないで」と言ったら「いいえ、今回はやっぱり、無理だと思う」と言いました。主人は、「どんなに気丈にしていても、お母さんはやっぱり怖いんだよ」と言っていましたが、死ぬということを怖くない人なんているでしょうか。しかし、気丈にも、彼女は、主人と自分の死後のことを、色々と相談していました。私はオーストラリアの人たちの、こういうプラクティカルな生き方に本当に感動しています。強い精神力がないと、それはできませんけれど..........昨日の朝、彼女に頼まれて理学療法師のところに連れていった帰りに、駐車場から彼女の家の前まで、30メートルぐらいのほんのわずかな坂の途中で椅子に座り、「まったくねえ。こんな坂で一休みしなければならないほど、私の身体が悪くなっているのねえ」と、義母は悲しそうに言いました。また時間を作って、できるだけ彼女に会いにいってあげようと主人と話しました。そうそう、今回は、イースターとF1のレースが重なり、あまり安い航空券はありませんでしたが、どうやらよく探すと、シドニーとメルボルン間が39ドルで飛べることもあるらしいのです。今回セミナーに来た方がタイガーエアーというシンガポール系の航空会社を使い39ドルで、メルボルンからシドニーに来たと言っていました。今回は、私たちもそのタイガーエアーを使いましたが、片道一人160ドルかかりました。でも、時期さえ、よければかなり安く飛べるらしいので、これから頻繁にチェックしようと思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/600-fba4811c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad