ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

センチメンタルジャーニー 森の都編

「中学校は12歳で入ったわけだから、あれから50年経ったのよ。恐ろしいわねえ」とデンちゃんは言いました。デンちゃんとは、仙台の宮城学院中学校の同級生。大河内と言ったので、昔の俳優、大河内伝次郎からとって、デンちゃんといわれていました。彼女と昨日会って、同窓会の写真を見せてもらいながら、時間の経つのも忘れて昔の話をしたのです。50年、半世紀。アッという間に時が経つのだと呆然としてしまいました。それにしても、亡くなった同級生たちもいるのだから、こうしてまた彼女と会えるのは実にラッキーだと感謝しました。彼女からもらった同級会のプログラムの表紙の裏にあった賛美歌。なんの賛美歌だったっけ。デンちゃんが「みどりも深き若葉のさと。ナザレの村よ、汝がちまたを」と歌いだすと、50年の時を越えて、毎日、赤レンガの礼拝堂で歌った歌がよみがえってきました。「こころ清らに、行きかいつつ。そだちたまいし、人を知るや」

☆ ☆
あの頃を思い出すと.....本当に楽しく.....一つとして嫌なこともなく、一人として嫌な人には会ったことがありませんでした。ねえねえ、ランディス先生のこと....彼女はアメリカからの宣教師で、我々に最初に英語を教えてくれた先生....先生の大きなカバンはあとで、メリー・ポピンズを観た時に「あっ、ランディス先生のカバンだ」って思い出したほど。先生は、今、宣教師だけが入るアメリカのシニアホームで暮らしているのだそうですが、5年ぐらい前に仙台にいらした時に撮った写真を見せてもらうと、彼女は当時とまったく前と変わっていませんでした!80歳を過ぎても。デンちゃんは、10年前からまた仕事をしているのだそうです。栄養研究所。それが、偶然に、仙台にいる弟と仕事の話でクロスして「ええっ」ということになったのだそうです。二人とも「お互いに全く変わっていないわねえ」と褒めあいました。でも、全く変わっていない。彼女の素っ頓狂なところや、優しいところや。何も変わっていない。彼女が「私、ゴメちゃんのお陰で人生が変わった」って言ったので、もうびっくり。何だか分からないけれど、その昔、つまり中学生の頃に、私が彼女に元気をつけたのだそうです。アンビリーバブル!P1060469.jpg 大分亡くなった先生たちもいますが、出っ歯(あだ名)や、愛川先生(聖書の先生)、家庭科の長谷川先生、担任の及川先生などの話をまたひとしきり。


☆ ☆
今朝は、時計を止めました。ずっと、朝の目覚ましがつらかったので、今日は、目覚ましかけずに起きたかったのです。起きたら10時半。ホテルの風呂の時間も、朝食の時間も過ぎていました。シャワーを浴びて着替えをして、歩きました。コーヒー・コーヒー。そしたら、ヘルシーフードの字が目に入ったのでそこに入りました。モーニングサービスで、人参とリンゴのジュースにトーストとゆで卵。450円の大サービス。それから、有機コーヒーを点てていただいて、ああ、美味しかった!と、雪が舞い始めました。ひらひらひらと、白い雪が。まるで蝶のような感じの雪でした。県庁前から欅の通りを歩きました。裸の彫刻がちょっと寒そうでしたけれど。P1060473.jpg
今日はそのまま、なんと4時間半も歩いたのです。

☆ ☆
途中、思い出の「売茶翁」に行きました。P1060480.jpg
ここは、母が大好きな場所で、小さな民家に上がりこんでお茶とお菓子をいただく場所。四季それぞれの思い出がつまっています。実はこの場所には、上の娘の父親と来たこともあります。娘がお腹に入る前。それから、オーストラリアで結婚して、主人と下の娘と来たこともあります。私の歴史を知っている場所。美味しいうすいす餅とお抹茶をいただきたながら、またひとしきりセンチメンタルタイム。P1060479.jpg
母といえば、実は、昨日、仙台六大学の集まりに出たのですが、稲門会の幹事をしている鈴木誠一さんが、母の教え子だということが分かりました。会場で、誠一さんが、「先生にそっくりです」って言ったので、本当に驚きました。母は美しい人で、更に私と違って心の優しい人でした。好き勝手な人生を送る私に翻弄され、心を痛めながらあの世に旅立ったのです。だから、その母と私が似ているといわれてショックでした。今朝また誠一さんから電話をもらって、彼がまた「先生が戻ってきたかと思い出しました」と言ったので、電話口で泣いてしまいました....ひとしきり話を終えてから「ああ、母がいつも言っていた鈴木金物屋のせいちゃんだった」って,思い出したのです.....私が旧姓を言わなかったら彼も、気がつかなかったと言いますから、やっぱり母が導いてくれたのかも知れません。ところで、せいちゃんは、早稲田のハイソ(ハイソサエティオーケストラ)出身で、今でも仙台でバンドをしているそうです。ジャズが大好きな私と話がピッタリと合いました。私が、宮城テレビにいた頃に、仙台にカウント・ベーシーが来て、私がその司会をしたんだって言ったら、せいちゃんはびっくりしていました。せいちゃん、またゆっくりジャズ談義しようね。P1060470.jpg


☆ ☆
「売茶翁」のあとに、広瀬側の河畔にある西公園に行きました。西公園は、子供の頃、私たちのオアシスでした。古い上機関車がありました。こけしも立っていました。でも、驚いたのは、とんびがたくさん飛んでいたころ。「とべとべ、とんび。ソラ高く」と歌ってしまいました。昔は、「鷹がとんびを生む」とか「とんびにあぶらげ」なんて言う言葉がありましたから、一般的な鳥だったのでしょうか。ピーヒョロ。ピーヒョロと鳴きながら舞うとんびを、しばし眺めていました。P1060485.jpg

☆ ☆
今日はこれから、弟と妹と、お好み焼きを食べに行きます。楽しみです。ああ、FUさん、「売茶翁」でみちのくせんべい買ったわよ。東京に持っていきます。
スポンサーサイト

コメント

みちのくせんべい

売茶翁のお菓子は姿も端正で品のいいおいしさ、そして包装も雅やかなのが大好きなのよ。ありがとう!

  • 2010/02/21(日) 16:25:38 |
  • URL |
  • FUSAKO #Kbxb6NTI
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/581-c7696f5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

再開。オーストラリア在住の友と何十年ぶりだろう。

今日は食から少し離れたお話。でも、やっぱり食にからんだお話になってしまいます。 ...

  • 2010/02/21(日) 01:20:25 |
  • 大河内さんの食いしん坊Blog

FC2Ad