FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

潮来のイタロウ・ちょっとみなれば

今日は潮来に行ってきました。潮来は、私たちの世代にとって、ちょっと憧れの場所です。今回ずっと運転をしてくれたMICHIOさんは64歳。つまり、私とあまり違わない年代。運転しながら「潮来のイタロウ・チョットミナレバ」って歌ってくれました。潮来といえば、確か駒鳥姉妹だったでしょうか「潮来花嫁さんは、潮来花嫁さんは...]と歌っていたのを思い出します。霞ヶ浦を横に見ながら、潮来を通って、目的地は鋒田のビッグレッドファーム。そこに、オーストラリアの私の競馬学校に、ずっと前に来てくれた、YASUさんに会いに行ったのです。今日は、たまたま休日だったのですが、奥さんと子供二人連れて会いに来てくれました。P1060394.jpg 赤ちゃんを抱かせてもらいました。なんちゃって婆ちゃんになった気分でした。YASUさんは、オーストラリアから、日本に戻り、ビッグレッドファームで仕事を始めました。あれから、何年経ったのでしょうね。ところで鋒田のビッグレッドファームは、想像した以上に素晴らしい施設でした。P1060393.jpg 4ヶ月だという坊やの目の大きいこと。じっと見つめられて、何だか心を見透かされそうな気がしました。

☆ ☆
ビッグレッドファームでは、ラフィアンの社長である岡田紘和さんにも会いました。そのうちお時間くださいとお願いしていたので、そこで会えたのはラッキーでした。多分忙しかったのだと思いますが、色々とお話を伺ウことも出来たし、また私が売り込みに行った商品のことも熱心に聞いてくれました。話の中で、彼が考えるこれからのビッグレッドファームの将来のことなどを伺って、何だか、とても頼もしく思えました。紘和さんは、アメリカで学び、更に、オーストラリアの競馬学校に来て異なる競馬の仕組みや馬作りを学びました。オーストラリアでの紘和さんの思い出は、いつも厩舎作業を一生懸命にしていている姿です。今日は彼の話を聞きながら、こういう人がラフィアンのトップに立ち、日本の競馬を国際化していくのだから、まだまだ日本の競馬も捨てたものじゃないなって思いました。

☆ ☆
潮来では、途中、道の駅によって、MICHIOさんが「本当に美味しい」と勧めてくれた「乾燥芋」を買って食べました。我々団塊の世代にとって乾燥芋はなつかしのおやつ。当時、おやつといえば、この乾燥芋か、かりんとう。私たちは、筍の皮に梅干をいれてチューチューすったこともあります。ああ、すっぱ。そういえば、干し柿もあったかも知れません。夏だったら、とんみぎ(トウモロコシのこと)とスイカ。そんなことを思い出しながら、地元の野菜が並んでいる道の駅に入りましたが、様々な乾燥芋があり、驚きました。MICHIOさんが、「丸っこい芋の方が美味しいんですよ」と教えてくれたので、まるで、うんちのような形の乾燥芋を買いました。やばいな、車に長く乗るのにおならでないかな。さて、お味の方は、やっぱり、お・い・し・かった!人口甘味料の甘さでなく、自然の甘みがあって、VERY GOOD!潮来にいらした方はぜひお試しあれ。

☆ ☆
もっと、色々な話があるのですが、今夜はこれぐらいで。ながいながい一日の終わり。さて、これから一風呂浴びてきて、寝ることにします。そうそう、お・な・らは、幸い車の中では出ませんでしたが、ホテルに戻ってから景気よく!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/569-0f63d64d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)