ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

BLUE クリスマス

昨日は、朝早くから会社に出ました。きっちりと仕事をしましたが、それでも、NEVER ENDING STORY! 夜も仕事を?と思いましたが、今週は身体がずっと痛かったので、やはり疲れすぎなのだろうと(OF COURSE!)昨夜は休むことにしました。ゆっくり朝起きましたが、身体がやはりイタイ。私の身体はモーターと同じで動いているときにはいいのだけれど、止まると色々不都合が出てきます。それしても、来週はクリスマスだということですが、何だかいつもの年よりずっと感じが出ません。上の娘とボーイフレンドがゴールドコーストからやってきて、下の娘がNYから戻り、メルボルンからは主人の親友とそのガールフレンドがやってきてクリスマスを祝います。そのために、ここ数日は、掃除・掃除・掃除も待っています。いつもなら、12月に入ると娘と一緒にクリスマスツリーを飾るのですが、その娘もおらず、私も日本から戻ったばかり。「ねえ、クリスマスツリー飾るの?」と主人に聞いたらYES って。でも、まだ飾っていないのです。

☆ ☆
今年も、総勢7人のクリスマスですが、シェフこと主人は、何を作ろうかと思案投げ首のよう。今夜は、その予行演習のデザートを作ってくれました。お・い・し・い。と言ったら、もう一つあるよって主人が言いますが、その前に、やはり主人の作った野菜スープを二杯食べているので、お腹がゲボッゲボッ。CAN'T EAT MORE! メルボルンの主人の友達から電話があって、クリスマスの食事のことを聞いてきたようです。「ああ、大丈夫。ターキーを予約してあるから」って主人が言っていました。ほお。美味しそうだな。はてさて、クリスマスの料理は、全くできませんので(いえ、何の料理もですが)、私がせいぜいできるのは大掃除。だから、明日は、かなり忙しい!

☆ ☆
昨夜、ベッドで本を読んでいる主人に、「あのね、JAPANに野村っている野球の監督がいるんだけれど、彼が、勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし。って言っているんだけれど、それって英語でなんと言うのかしら?」と英語で聞いたら「一体何を言いたいのか、よく分からん」と言われ、再度一生懸命に翻訳して、WHAT WOULD YOU SAY あなただったら、それをどういうの?と聞きました。と、主人は、「俺だったらそんな馬鹿なことは言わない。俺も、オーストラリア人も言わない。一体そんな馬鹿なことをいう野村と言う奴は一体何なんだ」って怒り始めました。怒らなくてもいいじゃないの。野村って言う人がいてさあ、彼が言ったんだから。野村ってJAPANでは良く知られていて、有名なんだから...と言ったら、「野村が誰か知らないが、そんな馬鹿なことをいう奴のことは知りたくない」とまた怒り始めるのです。最後には私もイライラして、もういいわ、彼がいおうと思ったことは、「勝つときには、どのように勝ったのか、なかなか説明できないが、負けた時にはどうして負けたのかという理由が明らかに分かる」と言うことなんだということとを、あんたに聞いたのだけれど、教えてくれないなら、もういい。ぷん。と怒鳴り返したら、「ああ、それなら分かる、それでいいよ」って......いうのです。ほえっ。そういえば、私が、日本語を英語にしようと思うと、英語を話す相手には、よく分からないことがあります。ところが、日本語で「言おうとしている意味」を説明すると、相手にはよく分かる。ああ、私はまた、間違いをしてしまった。英語って本当に難しい。20年以上はなしているのに、なんて、ぼやき。ぼやき。またぼやき。

☆ ☆
今年のクリスマスは例年になく、BLUEです。ぐずぐず言うと嫌なので、これ以上言わないけれど。本当につらい事って、ぼやきにはなりません。恐らく、野村も、聞いて欲しいぼやきだけを言っているのですね。19122009237.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/544-027e8784
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad