FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

また会いましょう

この前、九州動物学院の学生さんたちをシドニーに迎えたと思ったら、実は、明日もうお別れです。あまりにもあっという間に時が経ってしまったので、付き添いの先生に「何だか、こんな風に時が過ぎるのだったら、もしかして気がついた時にはお墓に入っているかも知れない」と言ってしまいました。一緒に、学生さんたちと行動して、きっと楽しすぎたのかも知れません。楽しすぎると時間はあっという間に経ってしまいますからねえ。

☆ ☆
どうして楽しかったのかって?それは、動物という共通の「関心」を持っていたこと。彼らが、動物に会う度に喜びの声をあげたこと。笑いがあったこと。「うわあっ」という彼らの声を聞いたり、その笑い顔を見たりして、私も本当に、たくさんの元気をもらったのです。今日は、シドニーのタロンガ動物園に行きました。繁殖プルグラムが成功して生まれたばかりの小象も見ました。P1050825.jpg お母さんの陰に隠れた写真を生まれてすぐに、新聞でみましたが、今日は、一人遊びもしていました。P1050824.jpg

対岸のシドニー市内をバックにキリンがいました。P1050831.jpg
爬虫類の大好きな学生がいて「ニシキヘビがネズミを飲み込むところを見て、本当に嬉しかった」と興奮して語ってくれました。実は、今日はタロンガ動物園の特別プログラムで、彼はまた蛇と対面したのです。カーペットパイソン。大きな大きな蛇でした。学生の中にはたくさんの爬虫類ファンがいて「きゃあ、可愛い」って声が上がりました。蛇の名前は、セバスチャン。飼育係の人が「セバスチャンは、今日はちょっと機嫌が悪いのよ」って彼をぐるりと首と身体に巻いて説明をしてくれました。「触っていいわよ」というと、ほとんどの人が触りました。

☆ ☆
その他に、教育係の方が連れてきてくれたのは、「コアラ」です。コアラは水を飲まない。コアラという言葉は、アボリジニーの言葉でNO WATERという意味だということを、教えてくれました。コアラが水を飲まないということは私も知っていましたが、これがアボリジニーの言葉だということを実は今日知りました。ちなみに、コアラは一日20時間も眠るのです。ユーカリの葉にはエネルギーを与えるような栄養分が入っていないからなのです。コアラと一緒に写真を撮るときに、係りの人が「臭いを嗅いでみてください。ユーカリの臭いがしますよ」って。コアラの毛はユーカリのオイルに包まれています。だから、雨が降っても濡れないのだとか。ところで、そのコアラ、係りの人に抱かれながら、「うううううー」という叫び声をあげました。これには係りの人もびっくり。これは雄のマコーリーというコアラだったのですが、メスを呼ぶときにこうした声を上げるのだそうです。学生さんたちにめんこい女性徒たちがいたからかなあ。それにしても、私もオーストラリア在住26年目にして、初めて、コアラの鳴き声を聞きました。長生きしていて良かった!

☆ ☆
長生きしてよかったと思ったのは、今日はエキドナと呼ばれるハリモグラに触ったこと。ハリモグラは、普通、怖がったりするとその針を立てるのだそうですが、係りの人はこのモグラは人を怖がらないの。だから、触っても大丈夫って。これも、私、初めての体験でした。ハリモグラが去った後に、落ちていた針。学生の一人が、大切にしまっていました。すごいお土産ね。

☆ ☆
さあ、明日が最後の日。また会いましょうね。SEE YA!



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/520-d4a5b550
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)