ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

バート・カミングス調教師

年齢って何だろう?バート・カミングス調教師は、もうすぐ82歳ですが、現役の調教師なのです。でも、彼は、自分の年齢のことなど考えていないに違いありません。彼の年齢のことを言うのは、周りの人ばかり............実は、バート・カミングス調教師は、先日、コーフィールドカップで、1着と2着をとったばかりなのですが、今日は、’また’オーストラリアの競馬で最も格式のある、WSコックスプレートステイクスというレースで、勝ってしまったのです。今朝の新聞に、彼のライフストーリーが特集してありました。お父さんは有名な調教師、でも、自分はあまり調教師になることに乗り気ではなかった。厩舎を持ったのだけれど、二年間も1勝もできなかった.............やめたいと思った........それから勝ち始めたけれど.................名誉も財産も出来てから,,,,,,,,,.およそ十年前に,自分が関与していた大型のシンジケート(共同馬主会社)が倒産をしてしまって大きな借金を背負い、その債権者たちとの話で、彼の収入の4分の3が、支払いに充てられることになり、何とか、引き続き調教師を続けられることになった.........。考えてみれば、あの当時、私はそのニュースを聞いて、債権者たちも、かなり無理をしているなと思いました。バート・カミングス調教師は、もう70歳を過ぎていたのですから。今日の記事で、バートは言っていました。「引退するお金がないからね。調教を続けるしかないな。金はともかくとしても、病気にでもならない限り、調教を止めるつもりはないけれどね」と。病気といえば、彼は、重度の喘息やアレルギーを持っているのだと言います。なんだなんだ、私は、60歳で、日本に長期出張することに、涙なんか流しちゃったりして。彼から比べたら、私なんか、まだ、ひよっこじゃないの......と思いました。

☆ ☆
スペイン語で、ムリール・コン・ロス・サパートスという言葉があります。靴を履いたまま死ぬって意味です。つまり生涯現役という意味。まあ、私も引退する気がないから、ムリール・コン・ロス・サポートスですね。そして、バート・カミングス調教師も。彼のような人は、まさにインスピレーションを与えてくれます。日本語だとインスピレーションって、何だか第六感というような翻訳をすることが多いのですが、英語だと、He is inspirational とか、He is an inspiration to us all. 彼によって、私たちは励まされるとか鼓舞されるとか感動を与えてくれる人とか使うことが多いのです。バート・カミングス調教師、彼は、本当に、インスピレーショナルです。


☆ ☆
このところ、ずっと風邪っぽくて、いよいよ抗生物質を飲むことにしました。抗生物質を飲み始めたら、今度は、胃が痛くなりました。したがってGUT'S CAREというカプセルに入った、善玉菌を飲みました。レモン汁に蜂蜜を入れて飲み、更に、生姜に蜂蜜を入れたものも飲みました。実は、明日までどうしても元気にならなければならないのです。明日は、熊本から九州動物学院の学生さんたちがシドニーに研修に来るからです。私、寝てなんかいられません。

☆ ☆
そうそう、この猫の写真は、先日、フレミントン競馬場のダニー・オブライエン厩舎で撮ったもの。P1050754.jpg
ネズミ退治のために、厩舎に何匹もいるんですって。猫たちは私の顔をみて寄ってきました。動物が好きなことが分かるのかも知れません。厩舎の人たちに名前を聞いたら、フレディ・ナンバーワン。フレディ・ナンバーツー。フレディ・ナンバー........名前ぐらいちゃんと付けてあげればいいのに。P1050756.jpgP1050753.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/517-70ff80d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad