ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

特攻隊とユーカリ

木曜日と金曜日に、九州動物学院でセミナーをして、その後、事務局長の福山さんのご案内で、鹿児島まで移動しました。かつて、特攻隊の基地であった知覧の近くの川辺町にある竜之介病院グループの保養所にご案内いただきました。保養所までいく間に、かの有名なAZ スーパーマーケットに立ち寄り、昨夜の食事を仕入れました。AZスーパーは、人口2万の阿久根市に作られて、24時間営業。売り上げ139億円を誇る、スーパーマーケット。仏壇から車まで売っています。(もっとも、川辺町には仏壇屋が何十軒もありましたから、不思議!)P1050518.jpg
さて、このAZスーパーは、田舎の町にありながら、24時間営業、その価格の安さに驚きました。P1050519.jpg

                  ★

川辺町にある保養所は、名前の通り、美しい渓流に面していて、そこにはトンボが無数に飛んでいました。トンボには、子供の頃の思い出がいっぱいあります。オーストラリアにもトンボがいますが、あんなにたくさんのトンボを見たのはかれこれ50年ぶりでしょうか。渓流まで降りて行って、入りたい気がしました。P1050520.jpg


☆ ☆
昨日は、そのあと、知覧まで行きました。かつて、上の娘の父親と来たことがあるのです。ベネズエラの外交官だった彼が、鹿児島に停泊したベネズエラ船籍の船を向かえるために来たのです。その頃、私は妊娠をしていて、彼の子供を生み、いずれは結婚をするのだという希望に燃えていた頃でした。鹿児島、桜島、そして知覧に行きました。何もなかった知覧。小さな家屋に、特攻隊の若者たちが置いていった手紙があり、両親、母親に宛てた手紙に涙しました。今もそうですが、英語の翻訳があるわけではないので、彼は、涙する私を見て怪訝な顔をしていたように思います。畑が広がり、ああ、ここから、この抜けるような空の碧さに飛び出していったのだと思ったら、悲しさが更に深くなったのを憶えています。しかし、30年経った、今の知覧は、もう帰ってしまおうと思ったほど、観光地化されていました。私の戸惑いに、「引き返しますか」と福山さん。いいえ、行きます。知覧特攻隊平和記念館に足を踏み入れました。

☆ ☆
多くの悲しい手紙の中に、私はこんな文字をみつけました。ユーカリ。それは、第53振武隊にいた小笠五夫さんという人が詠んだ俳句でした。

   秋の夜の大ユーカリに月淡し

   朝寒や枝動かさぬ大ユーカリ

それから、館内を一周し、ふと立ち止まったところで、再び同じ句がありました。そして、その上には、真面目そうな小笠さんの写真が。小笠さんは、どこでこのユーカリを見たのでしょう。オーストラリアに来たことがあるとは思えませんから、彼の出身地である長崎でみたか、この知覧で見たに違いありません。いつ、どうして日本にユーカリが入ってきたのでしょうか。またまた私の好奇心が首をもたらしています。 (阪に来てから、調べてみました。そしたら長崎県大村市荒瀬町の西教寺にユーカリの巨木があることが分かりました。写真はありません。今度、大村市の事務所に聞いてみようと思います。 ところで、小笠さんは、ユーカリがオーストラリアの樹であることを知っていたのでしょうか。もし、彼が生きていたら、恐らく、オーストラリアまで足を運んだかも知れませんよね。本物のユーカリを見るために。でも、彼の21歳の命は、その夢を実現することもなく、停止されてしまいました。福山さんと、戦争の無残さを話しながら帰ってきましたが、彼女が「飛行機で突っ込んでいく」という戦略を考え出した人のことを書いた文書があったと教えてくれました。その彼は、自分が考え出したにも関わらず、自分が特攻隊になったわけではないのです。他人の命だから、あんな馬鹿な、残虐なことを考え出せるのです。

☆ ☆
知覧では、武家屋敷のある通りを尋ねました。また知覧の二ツ家も訪れました。P1050544.jpg
知覧の二ツ家というのは、男玄関のある母屋と女玄関のある台所、囲炉裏のある家屋を繋いだ家屋のことを言うようです。P1050543.jpg
そこで、知覧茶とあくねというものを食べました。あくねは、灰汁で洗った米でできたチマキのことです。きなこをまぶしてあり、本当に美味しかった。P1050547.jpg
帰りは、雨で煙る霧島高原を通り、熊本に戻りました。そして、特急つばめで、博多に。博多から新幹線で、大阪に移動しました。昨日は何千キロ移動したのでしょうか。

☆ ☆
福山さんも私も仕事中毒。メールをチェックすることなく、ベッドに行くなんて考えられない二人でしたが、その夜も翌日も、仕事をするのを止めました。といっても、話も80%は、仕事の話でしたけれど。さて、その彼女と熊本駅で別れて、新幹線の中で、また、仕事を始めてしまいました。実は、レールスターという列車に乗ったのですが、車両にPC用の電源とデスクがありました。ただし、Eモバイルはつながりませんでした。P1050555.jpg
鹿児島へのたびは、緑の山と、青い空と、霧の霧島高原、そして知覧を思い出しながら。小さな小さなホリデーでした。P1050554.jpg でも、本当に楽しかった!


☆ ☆

さて、今日は、阪神競馬場に出かけました。ゆっくりと勝ったり負けたりしてきました。1000円ぐらい負けたかな。阪神には来ていらっしゃいませんでしたが、阪神と中山でダブルの重賞レースを優勝した吉田照哉さんにお祝いの電話。私が「おめでとうございます」と行ったら、ありがとうございますと言って、吉田照哉さんは「おめでとうございます」と私に言われたのです。えっ、どうして?恐らく、彼は、私が馬券でも買って当てたのではないかと思ったようです。実は買っていませんでした。(涙)すごくついていました。もっとも、私が買っていたら、勝っていなかったかも。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/496-1cf166bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「特攻隊 ユーカリ」について

「特攻隊 ユーカリ」について関連の記事。

  • 2009/09/14(月) 01:30:54 |
  • 関連記事

FC2Ad