FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

日豪の間を行ったり来たり。膵臓のないアラエイト。仕事もフル回転。

グレートバリアリーフの死

reef1.jpg
これは、世界に名高いグレートバリアリーフの一部です。このThe Great Barrier Reefグレートバリアリーフ・アウトルックと言われるレポートが、今日、オーストラリアで発表されました。そのレポートによると、グレートバリアリーフは、今、死にかけているというのです。「今、手を打たなければ」と言うことですが、「今、手を打ってもだめかも知れない」という声もありました。理由は、人間。確かに、 climate change、地球の温暖化による影響もあるものの、これもまた天災ではなく人災だとすれば、後の理由もほぼ人間の手になるものなのです。例えば、continued declining water quality from catchment run-off, つまり、キャッチメントエリアの継続的な水質の汚染、loss of coastal habitats from development, つまり、乱開発による生態系の破壊、後は、fishing and illegal fishing 漁業と違法漁業。全てが、人災なのです。

☆ ☆
人災と言えば、何年か前に、農業で使用する農薬が、バリアリーフにダメージを与え、ある場所ではほぼ壊滅状態になっているという報告も出ています。クインズランド州は、名高い、環境破壊州です。それは、農業従事者の力が強く、彼らに反対する政府が存在しないからです。クインズランド州では、他州では禁止されている森の伐採などについての規則も緩やかで、開発についても、実際、水際まで開発することが許可されてきました。もっとも、クインズランド州の開発には、バブルの当時、日本も大きく関与しています。悪名高い、ケーントード(毒がまがえる)もクインズランド州からやってきたものです。もともと、砂糖きびの生産者たちが、ケーンビートル(砂糖きびにつくカブトムシ)を払拭するために、南アメリカ産のこのトードを導入したものですが、今では、州を越えて繁殖、オーストラリア中の生態系を破壊しています。ノーザンテリトリーのカカドゥーナショナルパークまで入り込んだのは、本当に深刻。taod.jpg


☆ ☆
私は、実は、まだグレートバリアリーフに行ったことがないのです。ケアンズまで仕事で出かけたり、空の上から眺めたことはあっても、まだ行ったことがありません。恐らくここ数年は忙しくて行くことができないと思いますが、数年先、グレートバリアリーフはあるのでしょうか。526947331_3043ef6f62.jpg

☆ ☆
先週金曜日に、メルボルン出張から戻ったら、「おい、今日な、クッカバラが5羽もうちにやってきたぞ」って、嬉しそうに言います。写真も見せてくれました。P1050375.jpg
親たち(多分)は、こうして、ベランダまでやってきたのですが、あとの2羽は、木の上でじっと見ていたのだそうです。「まるで、親が、おい、腹が減ったら、時々ここに来てみるといいかも知れない。気のいい人間が、何かくれるかもしれないぞ」って言っているようだったと言います。野生の鳥に、えさをやってはいけないのを、我々は知っているのですが、主人が、朝はやらないこと。毎日もだめ。つまり、彼らがそれに頼るようなやり方でなければいいのだというものですから、時々、彼らの好きな生肉をやっています。P1050371.jpg クッカバラは、日本語で笑いかわせみって言われるほど、ケケケケと鳴きます。鳴いて、テリトリーを誇示しているのだと言います。「ねえ、私にも少しくれない」って、やってくるマグパイやカラジョンと言われるカラス類を追っ払っています。

☆ ☆
オーストラリアは、ここ2日ばかり、ニューサウスウエールズ州の大臣が、「浮気をしてしまいましたから、大臣を辞任します」というニュースで、テレビもラジオも新聞も持ちきりでした。この大臣には、おっかない奥さんがいて、その奥さんもまた政治家。昨年、その二人が、レストランで、スタッフを脅したとか、しないとかというニュースもありました。いずれにしても、今回の辞任は、浮気をした相手が、新聞社に行ったことが引き金になったようなのです。今日の新聞には、「浮気の相手が分かった。コメディを書いている作家だ」って写真がでていました。かの女性は、「結婚するって言われたけれど、その気もない。私は騙された」って言っているらしいのですけれど......。ふうむ。私は女性ですが、この手の人間は大嫌いだなあ。子供じゃあるまいし。私だって、自慢ではないけれど、年上で結婚をしている彼から、同じような嘘を言われて子供まで作ってしまいましたが、彼女のような修羅場は見せませんでしたよ。だって、騙されるほうが悪いんでしょ。宝くじ当たりますって言われて買ったけれど、当たらないって文句言う人と、これじゃ同じじゃない?それにしても、こんな女にひっかかるなんて、大臣もあまり大したことはない?どうやら、離婚もするらしいし、全く、何て間抜けな人間なんでしょう。いえ、何て可哀想なんでしょう。政治をする人間には、それにしても、もっとレベルの高い人間になって欲しい!そういえば、日本でも同じような話がありましたね。どこの国にも同じような悩みがあるものですね。

☆ ☆
いよいよ9日に日本出発。今度は、熊本から日本出張が始まるのです。木・金と仕事して、そのあと、実は、知覧に連れて行ってもらうことになっています。そうです。あの知覧です。えっ、チラン?


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/491-660d8677
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)