ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

アフガニスタン料理

先週の土曜日に日本からシドニー。午後メルボルンに飛んで、昨夜遅くメルボルンからシドニーに戻ってきました。ふうう。メルボルンには、主人と娘と一緒に行きました。これも、ふうう。土曜日の夜は、娘の好きなブランズイックストリートにあるホテルに泊まり、遊びに来てくれた友人のカップルと一緒に、アフガニスタン料理を食べました。娘の要望で、本当は、アフリカ料理の店に行く予定だったのですが、とても人気があって入れませんでした。ストリートをずっと歩いてみましたが、どこの店もいっぱいです。アフガニスタン料理も店もいっぱいでしたが、何とか1テーブルが空いていて、入ることができました。ブランズイックストリートというのは、庶民的な街ですが、ファッションもレストランも、それぞれに工夫されたユニークな店が並んでいて、ちょっとアーティーな娘が大好きな街なのです。

☆ ☆
Afgan Gallery Restaurant というレストラン。74332_52931_2_convert_20090825155911.jpg
料理は、主人に言わせると、インド料理とトルコ料理などのミックスのようだと言います。ヨーグルトをたくさん使っているのも特徴。野菜料理がいっぱいありました。長い米を使ったライスもヘルシーそうで美味しかったです。アフガニスタンで選挙が行われたばかりなので、そこで私たちが平和にアフガン料理を食べているのが、何だか不思議な気がしました。店には多くのアフガニスタンの文化を表す写真や陶器類などが飾ってありました。おそらく、だからギャラリーという名前をつけたのでしょうね。アフガニスタンは、戦争の話しか聞きませんが、早く平和になって欲しいものです。主人に言わせると、あそこは、平和になることが不可能な国なのだと言うのですが。ところでここのレストランの価格はあまり安くはありません、。でも、クオリティーの高い食事でした。afg_home_convert_20090825170252.jpg
メルボルンは、人口一人当たり最もレストランの数が多いところなんだそうです。だから、ここには、それぞれが腕を奮い、価格の競争をして、素晴らしい食文化が存在しています。71f2a18230248c0e.jpgP1050296_convert_20090825192519.jpg



☆ ☆
日曜日には、朝早くおきて、主人と私は、メルボルン郊外の(かなり郊外)サットングレンジというところにあるBC3オーストラリアの競走馬のプレビューデーに出かけました。この様子はまたゆっくりお伝えしたいと思います。プレビューを終えて、その後、主人のお母さんの住んでいるリタイアメントビレッジに行って、久しぶりに兄弟たちとも合流しました。それぞれが、手作りの料理を持ち合ってのディナーでした。テーマはキャセロール。主人のお姉さんも、お母さんも料理の鉄人。主人の弟の嫁も鉄人。私は、食べるほうの鉄人。久しぶりのファミリー・ギャザリングで、とても楽しかったです!

☆ ☆
翌日は、完全に休みにしました。仕事が入りそうになったのですが、やめました。この完全休日というのは、ここ最近いつだったのか覚えていません。固い決意で、仕事をしないことにしたのです。したがって、朝はゆっくり起きて、お母さんと私たち家族で、ダンデノン丘陵地帯までランチに行きました。ダンデノン丘陵にあるSASSAFRASというところは人口1500人の小さな村。週末、メルボルン人たちの憩いの場所になるところです。ここにあるMiss Maple Tea Roomに行きました。アガサ・クリスティのミス・マープルmissmarple.jpg
に魅せられたオーナーが、彼女に関するありとあらゆる memorabilia...を集めて作ったのだとか。店はミスマープルだらけ。ここで食事をしたいと、これまでに三度ぐらいトライしましたが、いつも一杯で入ることが出来ませんでした。月曜日なら、もしかして.......と行ったら、半時間後に何とか空くと言われてo大喜び。近所のアンチークの店をブラブラして、やっと店に入ることができました。念願成就! 入ったら、地元の人も観光客も含めて小さな店は一杯でした。P1050357_convert_20090825161008.jpg 特に、お年寄りが半数を占めていたのには驚きでした。他に、日本人や中国人のカップルがちらほら。食事は全て、すごい量なのに、安くて、美味しくて、店の雰囲気もGOOD!これまで、観光客相手のSassafrasのほかの店にはちょっとがっかりしていたのですが、ミスマープルは、やっぱり行ってよかった。P1050358_convert_20090825160909.jpg メルボルンに行く機会のある方はぜひこの店まで足を伸ばしてみてくださいね。そうそう、Sassafrasというのは米国産のクスノキ科の木)。あるいは、その根皮で薬用・香料用に使われるものだそうです。この村で売られていたのでしょうか。


☆ ☆

何だか食べる話ばかりしてしまいましたが、「食は愛なり」短かったですが、家族で十分「愛」を食べてきました。さて、驚かれるかも知れませんが、今週またメルボルンに戻って仕事をしてきます。今回、月曜日は完全休業したので、そのつけが廻ったのです。そして、再来週は、何と、シンガポールで仕事があり、そのあと、熊本に出かけます。

スポンサーサイト

コメント

ミス・マープル

わたしもアガサ・クリスティのファンで、そして、とりわけ、Miss Marpleが好き。このイラストは、ちょっとイメージが違うけれど。わたしの「ミス・マープル」は、拡大鏡ではなくて、編み棒を持っているし、こんなにしかつめらしい顔つきじゃなくて、にこにこしています。

ミス・マープルのシリーズの中でも「バートラム・ホテルにて」が大好き。おいしいものがいっぱい出てくるのと、それから、この本に登場するヒロイン二人の面白さ。イギリスの小さな村で静かに暮らすミス・マープルと、七つの海を制覇した大英帝国の冒険家の美女ベス・セジウィック。とても対照的な二人なのですが、クリスティはこの二人をこのように出会わせたんだ、というのがとても印象的だった本でした。

  • 2009/08/26(水) 20:27:31 |
  • URL |
  • Fusako #Kbxb6NTI
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/487-1c7919bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad