FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

おおさむ、シドニー

30度近くあったシンガポールから、おおさむのシドニーへ。といっても、シンガポールは、ホテルからターフクラブに(TAXI)。ターフクラブからホテルに(TAXI)。ホテルのビジネスセンターで仕事してDR TANの病院まで(TAXI)。それから、ケネルクラブの事務所まで(TAXI)。そして、そこから空港。というわけで、ほとんど外に出ることがありませんでした。おまけに、シンガポールのビルは、エアコンが効きすぎていて寒いぐらい。夜、現地時間で8時過ぎにシンガポールを発って、かなり早い時間、5時半にはシドニーに着きました。普段は、長く並ぶ検疫所での列もなく、あっという間に到着ロビーに出ることが出来ました。と、おおおサム。サミー・デービス・ジュニアです。主人の顔が見えないので電話したら、「もう出たのか。俺はこれから家を出るんだけれど」というので、コートを持ってきてもらいました。

☆ ☆

飛行機の中では、ちょっと仕事をしてと思ったら、2時間もしてしまいました。自伝が結構進んでいます。飛行の中は、最高の自伝環境?です。一人で、東京渋谷の日赤で娘を産み、見事に未婚の母になったこと。それから、結婚すると言われて、アルゼンチンまで行ったところまでたどり着きました。オーストラリアまでたどり着くのはまだ先のことですけれど。編集者とも話したのですが、なにせ、やることなすこと変わっているから、それを全部書いていると、第何巻にもなりそうだし、書き終えるまであと何年もかかってしまいそうなので、とりあえずは、アルゼンチンまで行って、オーストラリアまで行くところまでにしようと相談しました。思い出すと辛いこともありました。どうして、今まで自伝を書いてみようと思わなかったのか、自分でもその分けが分かりました。自伝のタイトルのアイデア「金にならないことは全てやった」いうのはどうかと、編集者の方に言ったら、それはいいって喜んでいただきました。でも、友人に言ったら、それはちょっと。。。。やっぱり、「儚ランダの花」が良いって。あんまりロマンチックなものは、私に会わないな。そうそう、編集者に「がばり婆ちゃん」の向こうを張って、「やばい婆ちゃん」って言ったら、それも気に入ってもらいました。「いないいない婆ちゃん」も好きなんだけれど。

☆ ☆
飛行機の中のことです。仕事に忙しかったので、最初は、気がつきませんでしたが、私の5列ぐらい後ろの席に座っている子供の咳がひどいのです。最近は、誰かが咳をしていると、口を覆ってくれないかなと思うのですが、咳をしている子供にはその様子がありません。親は一体何をしているのかと、イライラ。それから、子供の咳がますますひどくなってきて。。。。私も思わずマスクをして寝ることにしました。寝ていても、子供の咳は一向に止みません。乗務員に言おうかと思っているうちにふと眠り込んでしまいました。気がつくと、機内を乗務員が全員マスクをして動いています。救急用の医療箱まで持ってきました。やっぱりそうでしょう。だって、咳がひどいし、なんだか吐いているような感じもしたもの。それにしても、こんな折なんだから、子供が咳をしていたら、旅行を延ばすのが親の責任なんじゃないのかしら。ふと、私の後ろの席にも子供がいるのに気がつきました。その子も咳を少し。着ているTシャツにフィリピンの字が。あっ、フィリピンでは確か子供が死んだんじゃなかったかしら。キャビンを降りると、我がキャビンには、何と10人ぐらいの子供が乗っていました。もし、あれが、豚インフルだったら、きっとこの子供たちに移っているなって思いました。私は、機中、ずっと免疫性を高めるハーブと薬を飲んでいました。大丈夫でありますように。それにしても、降りるまで全く何もアナウンスがないので、キャビンの他の客は全くマスクもしていないし、もらわないし。一体どうしたのだろうと怪訝な顔をしていました。

☆ ☆
車の中で、主人が、「いやあ、留守中、豚インフルにかかったようだ」って言うのです。ドキッ。何でも、豚インフルのほとんどの兆候が出たのだそうです。彼に言わせれば、一旦罹ったら、移らないということですが、本とかな。娘も大丈夫だし。まあ、彼の言うことを信じましょう。私も、ちょっとのどが痛いような気がしますが、兆候はそれだけなので、豚にはなっていないと思います。

☆ ☆
実は、競馬ブックの原稿を書く予定だったのですが、アグネスタキオンの急死で、私の原稿の掲載が遅れました。明日ぐらいまでは、休めそうです。まずは、寝ることだと思います。体が本当に疲れていて、今日は朝、起きるのが本当に嫌でした。寝れば、豚も怖くない。


























スポンサーサイト



コメント

しっかり休まれて体力でお疲れを吹き飛ばしてくださいね。飛行機の中、せき込む人がいて・・・それはそれは、心配でしたね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/457-710b5a36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)