ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

バカ田大学、そうかい。

皆さんから、真理子さん、手は大丈夫ですかって、聞かれます。ブログで転んだことを書いたせいだと思います。答えは、まあまあ。手は、冷たくなると痛みがでます。でも、炎症用のクリームをつけたら、少し良くなったような気がします。日本で買った、レモンボールを使って手のエキササイズをしています。レモンボールは、レモンの形をしたエキササイズボール。ちょっと湿った感じがして、優しく手の運動ができます。指に挟んで指の運動も。まさに、リハビリですね。

☆ ☆
日本出張でできなった分、今、サリーと一緒にあちこち散歩をしています。春が近いせいで、花の香りがあちらかからもこちらからも。そのせいか、本当に体中にエネルギーがみなぎってくるようで、自然の力ってすごいなと思います。ミシェル・マンクにも聞きましたが、リハビリ中の犬は、獣医師や看護士や、他の犬たちがいるところにベッドをおくと、早く直るらしいです。精神的なものが身体の治癒力に好影響を与えるのだそうです。私の場合も同じ。飼育動物に、できるだけいい環境を与えるために、環境エンリッチメントというコンセプトが出来ました。飼育動物だけでなく、人間にも、環境エンリッチメントが必要かも知れません。

☆ ☆
都の西北、バカ田の森に。先日、早稲田大学の年次総会がありました。ほとんどオーストラリアにいない幽霊役員なのに、また役員に選ばれました。今、シドニー早稲田稲門会では、シドニー市内で、日本クラブを経営している佐野先輩と私が、最も古い会員になってしまいました。佐野先輩は、早稲田のラグビー部からオーストラリアに送られてきて、そのままいついてしまったという伝説の人。毎日、ビールを12杯飲むんだそうです。酒やけで顔がつるつる。でも、ホントに元気です。総会では同じテーブルになりました。やはり同じテーブルに、最近シドニーで大流行のお好み焼きレストラン、寿限無を経営している村井先輩が。犬好きの村井先輩とは、犬の話になりました。村井さんは、最近、グレートデーンを飼ったのだとか。そしたら佐野先輩が、俺も昔、グレートデーンを飼っていたんだと、話はまたまた犬の話に。
waseda.jpg

ところで、その佐野先輩から、真理子さんも皺がないねえと褒められました。でも、最近、怪我した手には皺がでてきたのですよ。さて、今回の総会で嬉しかったのは、何と、私に会いに来てくれた方がいたこと。長年、優駿や競馬ブックで私の競馬の記事を読んでくれていたのだそうです。本当に嬉しかったな!ということで、今度バカ田大学、いえ、シドニー稲門会競馬部を作ろうかと思っています。一緒に馬を持ちましょうよという声もあがりました。そういえば、前に、稲門会の馬年の会員で競走馬を持ったことがあるのです。私は、牛年でしたがマネージャーだから例外で。名前は、TOMON。父は何とKOMONでした。(肛門ではありません)当時は日本円が強かったし、オーストラリアの馬も安かったので、1人10万円で買いました。日本で10万円の馬なんて安すぎて話しにならないから、10万(ドル??)と言おうよと口裏を合わせました。何回か走りましたが、5着が最高でした。
オーストラリアは、今、馬が高くて、一口10万円じゃ、とても買えません。でも、ちょっと探してみようかな。名前は?BAHKAHDA??
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/330-f3b9b630
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad