ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

ミラクルが・・・・

実は、オーストラリアでこの4月までで、牧場を勝ったり、何百頭もの馬、およそ100億円も買った新しい馬のグループ、パティナックファームのオーナーを、日本のセレクトセールに連れていく予定でした。ところが、オーナーの本業は鉱山なので、その新しいビジネスのことがあって、一旦ダメになりかかりました。しかし、何とか、やっぱり日本経由で行こうということになって、オーストラリア、日本、ヨーロッパという飛行機を手配していたのです。そしたら、今度は、今妊娠中の奥さんの具合が悪くなってしまって、木曜日の朝にいけないということになりました。しかし、その代わりに、パティナックファームのジェネラルマネージャーが行くことになったのです。ところが、........木曜日の夜に電話が来て、ハンターバレーにある牧場で問題が起きて、彼もいけないということになりました。

☆ ☆
私は、絶望しました。へなへなと座り込んでしまいました。ところが、主人が言いました。「だったら、他の人を連れて行こうよ」でも、出発は土曜日、つまり今日。「無理だわ」。私は、誰かに電話する力を失っていました。いつもは、私の後ろに控えている主人が、だったら俺が.....と何人かの人に電話をしてくれました。その人々の誰もが、行きたいけれど、ちょっと急すぎる。そうですよね。なか、1日しかないのですから。オーストラリアのサラブレッドのオーナーたちは、他に、馬以外の実業をしている人たちがほとんど。それも、何百億円もの取引をしている人ばかり。やっぱり無理でした。その日、私は、スリーピングタブレットを2錠飲みました。

☆ ☆
ところが、金曜日の朝のことです。パティナックファームのオーナーから、電話が入りました。家庭の事情もあって、本当は全ての出張をキャンセルしたのだけれど、「あなたの勧めもあるし、色々心配もかけたから、行くことにした」って。ミラクルが起きたのです。金曜日は、彼の日程を確認したり、旅行代理店に再度、御願いしたり。(KIRの中野さん、本当にご苦労様でした!)そして、いよいよ、今日土曜日の夜に出発です。ふうう。

☆ ☆
私は、主人に感謝しました。彼が話をしてくれた人が、ジェネラルマネージャーにに電話をしてくれたらしいのです。日本に行ったほうがいいって。諦めない。って、本当に大切です。

☆ ☆
私は、日本は、実に、マーケティングが下手だと思うのです。日本には、クオリティーの高い馬がいるのだから、外国人に買ってもらって、当然のことですが、日本で走らせるべきだと思います。そろそろ、外国人馬主も開放になるのではないかという噂も聞きます。もしかして、これまでは、オーストラリアの競馬や馬を日本に紹介してきたけれど、逆の役割もあるかなって。60歳ですが、また新しい方向に向かいそうです。年なんて関係ないよね。今日は、元気が出るように、また白髪を染めてきましたよ。では、みなさん、日本で会いましょう!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/310-11cb0e26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad