ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

ENGRISH!

もう25年も英語の国にいるのに、やはり、日常的に英語の間違いがあります。聞き間違いもたくさん。だから、間違うのが嫌だから外国語を話さないなんていう人に会うと、アンタ、馬鹿ジャナイノって、思ってしまいます。LとRの発音は、本当に難しい!どちらかというと、日本人は、Lが難しいので、Lの時には、”よおし、発音するぞ”と、意識して発音した方がいいと思います。LABEL、LIVER、LOUD。オーストラリアには、RUGBY LEAGUEという、スポーツがあり、これは、いわゆるラグビーの変形なのですが、これは、最初にR,次にLが入っていて、本当に難しい。間違って発音すると、子供にゲラゲラ笑われます。その昔、ロードン・ダレリンプルという名前の、日本駐在オーストラリア大使がいました。綴りは忘れてしまいましたが、たぶん、Rawdyn Dalrymple。こんな名前の人を駐在大使にするとは、何と間抜けなことでしょう。日本では、誰も、正確に発音できないと思いますから。

★ ★
さて、今、世界中で、というより、世界中の英語圏で人気のあるのが、ENGRISHサイト。ENGRISH正しい英語だと、当然、ENGLISHとなるのですが、ここでは、外国、特に日本人が使っている、チョー変な英語を、ゲラゲラと笑っているのです。ENGRISHは、同じタイトルの本まで出版されて、これも、英語圏でベストセラーになっています。Tシャツだの、ペンだの、様々なマーチャンダイジングもされていて、売上も凄い。外国のものなら、何でも、翻訳して輸入してしまう日本ですが、これだけは、なかなかできません。WHY? だって、何が間違っているのか、わからないし、それを翻訳することもできませんから。有名なのは、食堂のメニューにあったという、CHOPPED CHILDREN.。これは、つまり、子供用に細かく刻んであるということを言った表現だと思うのですが、英語だと、刻んだ子供になってしまいます。おっ、この頃の日本では現実にそんなことも起きているので、決して笑いごとではありません。そういえば、日本でベストセラーになった本に、”タクシー呼んで頂戴”というのがありましたね。これは、Call me a taxi とCall me taxiの間違い。実際、私も、冠詞の間違いはたくさんあります。冠詞や、複数は難しい!

★ ★
最近、娘は、DETOX中。75ドルもする高いDETOXの錠剤を飲んで、さらに、厳しい食事制限をしています。上の娘にも勧めたようで、上の娘が、”お母さん、DETOXのせいで、口からおならがでるのよ。ボーイフレンドがキスも嫌がるの。DETOXなんか、始めなければ良かった”って、電話してきました。下の娘は、今、ありとあらゆる、サプリを飲んでいて、私に、”お母さん、言っておくけど、このサプリは飲まないでね。私がお金出して買ったんだから。このSOY MILKも、飲まないでね。これも、私がお金出して買ったんだから”そう、だったら、家にタダで住んでいる分の、家賃払ってもらいましょうかね。プンプン。
スポンサーサイト

FC2Ad