ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

ふうう!

やっと家に戻ってきました。先週のメルボルンでのリハビリセミナーに続いてすぐ、ゴールドコーストでのセリ。大好きな犬や馬に囲まれての仕事。でも、オババにはかなりキツカッタ!昨日も、今日も4時半起き。かなりドラッギーになっています。今日は、早く寝ましょう!

☆ ☆

マジックミリオンズに上場した馬は、結局売れずじまい。ちょっとがっかりな結果でした。せりの前に、シャマダール(父ジャイアンツコーズウエイ)の牡馬に会いに行ったら、格子越しに、彼が「売らないで」って、言ったように思い、ふと「ヤバイ」と感じたのです。そしたら、結局売れ残ってしまいました。困ったな。でも、今回は、日本からやってきた、岡田繁幸さんが、モアザンレディ、ショワジール、ハゾネット、そして、ファルベロンを買ってくれました。ショワジールも、ハゾネットも私が注目している馬の産駒です。岡田さんは「どこのせりでもそうだけれど、100頭に1頭ぐらいしかいいのがいないよね」って、毎日4日間、パレーディングリングに腰掛けて、じっと馬を見ていました。見る目もそうだけれど、努力もするんだって、感激して馬の神様?のお姿を拝見していました。今回は、あのダイワメジャーの上原師がレッドランサムを買いました。これらの馬たちが日本で活躍するのをぜひ見たいと思いました。

☆ ☆
マジックミリオンズでは、トレインテック2000の子供たちとも会い、久しぶりなのでとても嬉しかった!そういえば、岡田さんの息子さんで、現在、マイネルの社長をしている紘和さんは、トレインテック2000の卒業生です。彼が、一生懸命、馬房の掃除をしているのを思い出します。紘和さんは、「ロンロがまだ現役時代に学校にいたのですが、まさか種牡馬になって、また会えるとは」と言っていました。彼は、若いから、まだお父さんのようなわけにはいきませんが、恐らく、紘和さんも、立派なホースマンになるに違いありません。実際、彼の聡明さと頑張りは繁幸さんの血統でしょうね。

☆ ☆
さて、マジックミリオンズの開始した日に、オーストラリアいちのウッドランドパーク&クラウンロッジが、ダーレーに買収されたとの大ニュースが入りました。500億円!でも、ウッドランドグループは1500頭もの馬を所有していますし、オーストラリアのディープインパクト、ロンロや、オクタゴナルなど、種牡馬も所有していますから、500億円は妥当だと、私は思います。そうそう、お金の話をもう1つすれば、このせりで、15億円以上買った、31歳の鉱山の所有者がいます。ホリエモンみたいだけれど、しかし、鉱山だから、もっと確かなお金でしょう。すごいなあ。今回のせりでは、ヨーロッパ、アメリカ、南アフリカ、香港、マレーシア、日本、シンガポール......落札者の欄に各国の名前が。25年もオーストラリアのせりを見てきている私には、まるで夢のような国際化です。そう、日本も見習うべき。

☆ ☆
馬の話を熱く語ってしまいました。競馬はやあめた、なんて言っていたのだけれど...。それから、今週末は、休みのはずでしたが、急遽、ダーレーの、ウッドランドグループ・テイクオーバーの原稿を書かなければなりません。今、ドバイに行っているダーレーオーストラリアのジェネラルマネージャーにインタビュー。寝ている暇がないなあ。

☆ ☆
ところで、ゴールドコーストに行く直前に、犬の原稿を書いたばかり。「愛犬の友」の、来月号に掲載されます。テーマは、オーストラリアの獣医療における、ホメオパシーの現状と、動物理学療法の現状。楽しく書きましたよ。さて、今日は、空港の本屋で、「動物のマインド」を特集したNational Geographic と、「英語の崩壊」を特集したNew Scientistと、「歴史に影響を与えた100頭の犬」という本を買いました。私は、外国人として英語に接していますが、その私にとっても、英語という言語の崩壊が見えています。ということで、読むのが楽しみ。動物のマインドも楽しみだけれど。いつ読書の時間を作りましょうか。


☆ ☆
家に戻ってきたら、私の大切な掃除機が壊れていました。(号泣)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/264-d3db220c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad