ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

貧乏もまた楽し!

へへ、あのね、主人に、ストリークスをしてもらったのです。美容院に行くお金がないから、娘に髪の毛染めてもらった後、「ああ、ストリークスしてもらわなくっちゃ」って言ったら、主人が、「俺がしてやるよ」って。そして、日曜日の午後に、してもらいました。ストリークスを家でしたことがなかったのですが、あれは、ビニールの変な帽子を被って、それを、針のようなもので、ブツブツとつついて、つついたところから、髪の毛を引き出して、それを染めるものなのです。ホント、いつも、美容院でしてもらっているから、自宅でするということが、あんな大変なものだと思いませんでした。結構、ブツブツと痛く頭をつつくので、「もうちょっと優しくしてよ」と言うつもりでしたが、また途中で止められると嫌なので、我慢しました。ブロンドのストリークスにしたかったのですが、赤茶になってしまいした。まあ、いいか。でも、主人に頭をいじってもらうって初めて。金がないと、こんな楽しみがあるのですね。ウフフ。

☆ ☆
また、金のない話。ここ2週間ぐらい、シドニーは結構な暑さになりました。日中は30度ぐらい。これはオーストラリアにしてみれば、あまり高くない方です。メルボルンなんて、このところ42度もあったとか。しかし、メルボルンは、湿気がないのですが、シドニーは結構湿気が多い。家で、普通のジーパン穿いていると、暑いのなんのって!ショーツが欲しいのですが、まあ、予算がない。買いにいく時間もない。前に、チャリティーの古着屋に寄付しようと思ってとっておいたボロ袋に古いジーンズがあったので、も一度とり出してみました。それを主人が短く切ってくれました。家でそれを穿いていたら、娘が「たとえ、家の中だけでも、そんな汚い格好をするのは、目の毒だ。トラウマになる」とホザイテ!抵抗をしました。だったら出て行けと言いたかったのですが、やめました。今度は、会社の近くにあるチャリティの古着屋に行って、サイズ12のショーツを買いました。デザインも色も値段なみ。値段、10ドル分。そういえば、その日は、古着屋のものが全て5割引き。てなことで5ドルでショーツを買いました。会社に持っていったら、主人が、「そんな、ひどいショーツを穿いたら、もう家に置かない」と騒ぎ出し、その日は、家に持っていけませんでした。とはいえ、翌日、こっそり家に持って帰って穿いていたら、何のことはない、主人は覚えていないのです。一体ナンじゃと思いました。でも、5ドルでショーツを買ったのよおって、世界中に教えてあげたくなりました。

☆ ☆
それにしても、貧乏だと、色んなことを考えて、結構クリエィティブになります。主人に髪の毛を染めてもらったのは、最高の喜びでした。貧乏もまた楽し! 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/232-619d8c54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad