ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

クルシミマス!

クリスマスがやってくると、本当に私は苦しみます。オーストラリアは基本的にクリスチャンの国ですから、クリスマスは国全体の行事。マルチカルチャー(他民族国家)と言っても、クリスマスの時期は、オーストラリア中のファミリーにとっては大きなイベントなのです。国中、世界中に散らばった家族が集まる行事。それが何故、クルシミマス?

☆ ☆
メルボルンに住む友人が言いました。彼女の両親は離婚しています。両方とも夫々に結婚して子供がいます。また、彼女も結婚していますが、その夫は、前の結婚で子供がいます。身体は1つ。クリスマスも1日だけ。彼女は言います「いつも、あっちの家、こっちの家と、掛け持ちで動いていたけど、私にも子供が生まれて、なかなかそれもできなくなり、去年は、全員に声をかけて、クリスマスを私の家でしましょうと言ったのよ。結果は....誰も来なかった。だから、今年は、ヨーロッパ生まれの主人の家で、24日の夜に、25日は、母親の新しい家族のところ、午後は、父親の新しい家庭を訪れなければ.....ふう」って。

☆ ☆
プレゼントも毎回大変。今年84歳になる主人のお母さんは、クリスマスが終わると、全てが半額になるので、すぐにデパートに行って、翌年分を買い揃えます。子供と孫全員を合わせると、結構な散在になりますからね。私も、主人の甥っ子姪っ子が小さなときは大変でした。おまけに、オーストラリアでは、大人にもプレゼントを買うのです。もっとも! もっとも大変なのは主人のプレゼント。何年か前に靴を買ったら、気に入らなくて、クリスマスの後にデパートにリターンさせられました。昨年は、何冊か、彼の好きな歴史物の本を買いそろえて、何とか気に入ってもらいました(ホッ)が、今年も、また頭が痛い。主人は、私にいつも素敵なプレゼントを見つけてくれるので、なお更困ってしまいます。

☆ ☆
今年も、クリスマスから新年まで会社を閉めます。と言っても、私は休みではありません。でも、オーストラリアも、そしてその後、日本も仕事がクローズするので、これも困りもの。だから、クリスマスは、本当にクルシミマス。
スポンサーサイト

FC2Ad