FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

犬好き?

公園に行って、犬が遊んでいるのをみると、大体の年齢が分かります。子犬は、とにかく、遊んでいる。年よりはやはり歩き方がのろのろ。うちのカーリーは、生前、公園に行くと、遊ぼうかなというふりをするのですが、やっぱりやめた、ガキとは遊べねえ、と言って?結局1人で、ブラブラしていました。さて、人間も動物だとすると、私は、最近、動物である自分を感じています。つまり、単純に言えば、しんどい!まったくの休みなしで今日まで2週間、身体が強張って(緊張から)、胃が痛くなっていて(外食のしすぎ)、声が出ません(しゃべりすぎ)。1週間のうちに休みがあるのは、理由があるのです。人間は休まないと。あ、つまり、私も休まないと。

★ ★
さて、日本には犬好きがたくさんいるはずなのに、その犬たちをよく観察しない人たちが多い!とは、オーストラリアからきた専門家たちの話。そういえば、ずっと前に、馬にトレッドミルでエキササイズさせている獣医師が、足を痛がっているのをまったく見分けることができなかったことを思い出します。オーストラリアから連れていった競馬学校の校長が、「真理子、止めさせてくれ。足を悪くしているじゃないか」周りにいた、アジアからの獣医師たちも、トレッドミルを面白がっていただけで、誰一人として、馬の怪我を見分けることができませんでした。ちょっと、それに似ています。大型犬が、かがんで立っていなければならないような小さなクレートにいれてしまう。(つらいでしょ)その小さなクレートの中で犬が、ぐるぐると廻っている。どうしたの?どうして廻っているの?何だか、誰も、それをヘンダと考えていない。それこそが変。日本人は、犬が好き?でも、犬が好きなことと、犬のためにいいことをすることとは別...だと思いますが。

★ ★
大都会のあるペットショップに行きました。ホテル付。そのホテルは、まるで監獄。見かけはいいのですが、犬たちは、狭くて、暗くて、狭いドアの中で、誰の姿をみることもなく、ただ座っているだけ。あれは独房。「僕は、どうしてこんな目に会わなければならないの?僕のママたちは、どうして僕をこんな目に会わせるの?」自分が犬だったらどう感じるのか、これを作った人たちや、ここで働く人たちは、一体、考えたことがあるのかしら。日本は犬が大好きだと聞いていたのに、コレは、一体どうしたの? 日本には、人に優しくて犬に優しくない施設がいっぱい。そうそう、フロアも。犬が歩くには、つるつると滑りすぎる床は、ちょっと..。掃除にいいかも知れないけどね。

★ ★
日本は私の第二の故郷だと言って、ミシェル・マンクはオーストラリアに戻りました。彼女の知識と技術は、多くのミシェル・ファンを作りました。その彼女が公園に行った時のこと。「あっ、跛行してる。2頭も」飼い主は、全くそれに気がついていないようでした。"Tthat's why you have to come back"
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/210-375e2b1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)