FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

日豪の間を行ったり来たり。膵臓のないアラエイト。仕事もフル回転。

 ナンバーツーであることの苦しみ

先日、岸恵子の「わりなき恋」という小説を読みました。
わりなきという意味が分かりませんでしたが、
つまり、理屈では割り切れないという意味かな。と思いました。

この本は、もうすぐ70歳になろうとする女性が50歳代の男性と恋をするのです。
読みながら、わかるなあ。でも、つらいなあ。と思いました。

私は、いわゆる不倫を若い頃にいくつかしました。
その時は、好きなだけで、ただ恋と性愛に燃えていたと言えます。
今になってみて、更に分析すると、恋をしていたわけでもありませんでした。

なぜなら、そんなに素敵な男性たちではなかったからです。
ただ、私は普通の女性になりたくなかった。
人と違う女性になりたかった。
それだけの理由で、いわゆる、常識から外れた行為をしたかったのではなかったのかと、
70歳を過ぎた私は考えます。

不倫というのは、まあ、仕方のないことだったかもしれませんが、
結局は、その男性の家族を苦しめ、
もっと、悪いのは、自分が常にナンバーツーであることに苦しむことです。

私が、未婚で産むことになった娘の父親は、外国の総領事でした。
総領事だから、好きになったわけではありません。
しかし、彼から、大切にされたことは確かです。

毎日、総領事館からかかってくる電話。
おはようございます。総領事にお電話を替わります。

彼とまだ付き合ってなかったころ、イベントに出てくれたお礼をしに東京にいきました。
六本木の地下にあるレストランで、食事と会話の後に、
彼が無理やりキスをしようとしました。

胸がドキドキして、私はそういうことを望んておりませんと、幼稚な英語で答え、
店を飛び出しました。
そのまま分かれて、翌日仙台に戻りました。

翌日、仙台の自宅に、電報が届きました。
本当に失礼なことをしてすみません。
そして、それから、花束が何日も届きました。

それから、東京にもう一回出たときには、
私はすでに彼の腕に抱かれてしまいました。
六本木にあったホテル。そこを訪ねるときも
彼は花束を忘れませんでした。

そうして、少しずつ、私は、不倫の道を辿ってしまっていたのです。

まあ、この話は、結局、子供を産むことになり、
アルゼンチンまでいき、
結婚すると言っていた彼の言葉はウソで、
と、ながながと続くのですが。

最初の出会いはともかく、
彼との付き合いの中で、もっともつらかったのは、
私が、彼のナンバー1ではなく、あるいは、オンリーワンではなく、
いつもナンバーツーだったこと。

私はラッキーにも後年、オーストラリアで結婚することになりましたが、
結婚してほしいと言われたときに、
私の条件はただひとつ。
彼に誰か好きな人ができたら、かならず言ってほしい。
私もそうするから。

あれから36年。夫婦ですからいろいろありますが、
主人は私のナンバーワン、そしてオンリーワン.
私も主人の、オンリーワン.ナンバーワンかどうかは、まあ聞いてみないと(苦笑)

不倫をしている人がいれば、私はこう言います。
やめなさい。

一人で寂しい?二人でいても、自分がその人のオンリーワンで、ナンバーワンでなければ、
意味がありません。
自分だけのオンリーワンになった方が幸せ。自分がナンバーワンになった方がずっと幸せ。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/2051-5e94d090
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)