ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

動臨研

今日は、ミシェル・マンクと一緒に、動臨研に参加しました。動臨研は、現在は日本獣医師協会の会長もされている山根基久先生が音頭をとられて作った研究会で、今年で28回を迎えるといいます。鳥取大学の小さな部室から始まったといいます。今年の参加者は何と5000人以上。ヴィジョンを持つということがどんなことなのかを教えていただいた今日でした。

★ ★
ミシェル・マンクの理学療法セミナーは、午前9時から開催。ポツポツと空いた席があったので、心配しましたが、セミナー終了までには、立ち見が出るほどの人気になりました。如何にリハビリに関する関心と期待が高いかが分かります。ミシェルはこの場で、日本に、どのように理学療法を取り入れたらいいかの提案を出しました。まずは、獣医が理学療法を学ぶこと。彼らが患者の評価をし、プログラムを作成して、セラピストにや獣医看護士に実行させる。これが、理想的で、これが実行できれば、実は日本から世界に向けて理想的な理学療法のモデルを発信することができるとであろうと、彼女は言いました。資格のない人たちが、怪しげなリハビリをしないこと、させないこと、これが重要だと彼女は言います。

★ ★
さて、山根先生のこと、それから、彼の盟友である、本好先生のこと!彼らは70歳を越えて、なおかつ元気で、オープンマインドで、ちょっとセクシー。この前、50歳以上の日本の男性、嫌いと言ったけれど、これは間違い。50歳以上、70歳以下が嫌いと訂正。日本の70歳以上の男性は、素敵!

★ ★
動臨研では、私の日本の会社、WAN JAPANの宣伝をさせていただきました。一体何をやるのかと質問攻め。そうね。動物に何かを返していくための様々なアイデアを提供する会社といいましたが、ナンだか皆、頭をかしげていました。まあ、これから見てのお楽しみ。奈々さん、頑張りましょうね。あっ、奈々さんって、WANの社長だワン。(おバンギャグ)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/204-e8307d7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad