ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

動物理学療法セミナー

今日は、朝、日本からいらした獣医さんや獣医看護士さんたちをメルボルン空港にお迎えして、明日から始まるセミナー会場にお連れしました。まだまだ古い体質の残る日本の獣医界に、リハビリという新しいコンセプトを導入するために、お金と時間をかけてきてくださだった貴重な方々です。このセミナーは2回目ですが、このセミナーを通じて、人の輪と和ができれば、いつか、日本にもリハビリが定着し、様々な症例ができて、もしかして日本からリハビリの知識や技術が、世界に発信することができるのではないかと夢を見ています。かつて、私がオーストラリアに始めた民間の馬の学校が、例えば現在は競争相手だったとしても、日本にも出来て、ホースマン教育の場が広がっていったことを思えば、まあ競争のために我らが学校に来る生徒の数は減ったものの、私個人では、何かしら社会のために貢献したのではないかと思うこの頃です。もっとも、誰もそんなことを言ってくれる人は、馬の世界にはなく、「真理子さんは、金儲けのために学校を作ったのだ」という評価しかありませんが。いいんだ。いいんだ。

☆ ☆
今日は、半日フリータイムだったので、ペンギン組みとヒールズビル組と分かれて出かけました。我々はヒールズビルサンクチュアリーに行って、オーストラリアの野生動物を見てきました。一番受けたのがウオンバットとプラタプス(カモノハシ)。エキドナというハリモグラも愛嬌があって人気でした。ペンギン組みは、帰りが夜中になり恐らく大変疲れているとは思いますが、一生の思い出を作ったことと思います。オーストラリアのペンギンは、フェアリーペンギン。小さなペンギンで、メルボルンから160キロほど離れたフィリップ島にコロニーを作っています。彼らが歩いて帰る姿を見るのは一生の思い出になります。私は3回見ましたが、また行きたいと思っています。

☆ ☆
明日発売される競馬ブックに、オーストラリアの馬インフルエンザの2回目のレポートを書きました。ぜひご覧下さい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/172-1c9a1970
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad