ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

持ち込んだのは誰?

オーストラリアの馬インフルエンザは現状は次のような状況です。
 ● NSW州では、馬の移動がまだ全面禁止
 ● NSW州では、来週の月曜日まで、競馬が禁止
 ● ビクトリア州では、今週土曜日にコーフィールドで、レース開始
 ● ビクトリア州では、今週土曜日の夜に、ムーニーバレー競馬で、先週実施できなかったレースを実施
 ● ビクトリア州では、金曜日に、ハーネスレースが再開
 ● ビクトリア州では、州外からの馬が、スプリングカーニバルに出走できるように、特別の検疫所を設けることができるかどうかの可能性を探っている。

☆ ☆
今日は、一体、誰がどのように持ち込んで、どのように、検疫所から、ウイルスが持ち出されたのかを調査をすべきだという声が、政治家などから出ていました。今のところは、感染したアイルランドの乗馬用の馬から、広がったとの噂が流れていますが、では、その馬は誰から(人間から)、あるいは、どの馬から感染したのか。その感染した馬が、なぜ、外に出たのか。感染しているのをどうして見逃したのか。様々なWHYが出てきます。実はそれを知っているけど、いえないという人まで出てきました。見つけ出したら、その犯人(?)に責任を問うこともありえます。今回の移動禁止処置では違反者に禁固刑もありうるという厳しいものだっただけに、その犯人?は、罰金や禁固刑になる可能性もあるでしょう。

☆ ☆
日本馬が、メルボルンカップに、来ないように、オーストラリアの誰かが仕組んだのではないかという推理をする人もいるそうです。主人は、それを調べて、推理小説を書けばって。実際、その推理小説を書いたら、絶対ベストセラーになるかも知れないですね。もちろん、警察や他のオーソリティが、調べられなかったときのことですが。オーストラリアの人たちの捜査能力はかなり優れていますからね。

☆ ☆
馬ウイルスで、落ち着かない日々を過ごしていますが、今日は、月食です。ブラッドレッド、まるで血が滴っているような、不気味な月を今見ています。もうすぐ、また黄色になるそうですが。6年に一度のこの月食。次に見るときは、私、何歳なのかしら?へへ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/154-3f5299a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad