ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

19回目のご・め・ん

私は、本当におっちょこちょい。慌てもの。物忘れが激しい。トンチンカン。先週の金曜日のこと。朝に日本からゲストが来ていて、そのゲストとともに、友人の獣医医院へ。色々話に花が咲いていたら、主人から電話。「ミィーティングはまだ終わらないのか」って。「今、終わるところ」「終わったら、ゲストと一緒にチャイニーズレストランに来ないか」「ええ」と言ったのですが、タクシーがなかなかこなくて、このままでは2時のミィーティングに間に合わないと、ゲストを彼女のホテルに下ろして、チャイニーズレストランに。「ああ、いけない。次の会議まであと10分位だわ」レストランに言ったら、主人がもう食事を頼んでいて、「ああ、よかった。急いで食べないとね」と食事をかき込んでいたら、主人が、「これ、いつものアンチークの店で安物だけど見つけたんだ」って、金色のブローチをくれました。セーターにつけてみました。「似合うじゃないか」って主人。「そうね」と私。

☆ ☆
テーブルで、主人は、手帳を見ながら言いました。「ASHIKEGA SHOGUNが即位した日だぞ、今日は」「アシケガじゃないわよ。足利って言うのよ」「それから、今日はXXXがXXXした日だぞ」と、続ける。私は、食事を終えて、「ミィーティングに先に行くから、食事代払ってから来てね」とテーブルを立った私。

☆ ☆
夜、家でのこと。「お前は、今日、中華レストランのテーブルで、俺が何を言ったか覚えているか」って、主人が突然聞いてきました。「えっ。覚えてない」「ASHIKEGA SHOGUNのこと覚えてないのか」「ああ、覚えているわよ」「今日、17日は、他の何の日か覚えているのか」「あああああああ、結婚記念日!!!!」ランチの時にもらった素敵なブローチは、結婚記念のプレゼントだったのです。

☆ ☆
「19年間、お前は一度も、結婚記念日を思い出したことがないな。19年間一度もだぞ」「覚えているのは、19日のことよ。19日が式だったじゃない」と屁理屈を言う私。「結婚の届出をしたのは17日だ。だから、記念日は17日だ」主人は怒ったような顔で言う。「19年間、お前は一度も覚えていなかったじゃないか」「ごめんなさい。記念日は忘れているけど、私は、毎日毎日、私は、何てラッキーなんだろうと思っている。世界中で最もラッキーな妻だと思っている」って、言ったら、涙がワンサカ出てきて、鼻水も出てきて、エンエン泣いちゃいました。えっ?その後はどうしたかって?それは、内緒。実際、こんなことをブログに書いているって分かったら離婚されちゃうな。それにしても、来年、20年目の結婚記念日は、アラームつけて1週間前から忘れないようにしておかなければ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/149-44b10234
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad