ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

お母さん

子供の頃はママと呼んでいたような気がします。でも、いつからか、それはお母さんという呼び方に変わりました。母は、長い間教師をしており、子供の頃は、家の中にいる母をあまり知りません。父が外国から戻ってきて、母は教職を去り、やっと家にいるようになりましたが、今度は自分が外に出ることが多く、一体どんな母だったのか、私はあまり覚えていないのです。動物でも、自分が母親から親身になって育ててもらっていないと、どのように自分の子供を育てていいか分からなくなるようですが、私もそのいい例。

☆ ☆
弟たち夫婦が、今日、父と母のお墓参りをしてくれたようです。有難う。

☆ ☆
昨日は、というより、今朝は、娘と付き合って朝の3時まで起きていました。娘が、今日まで、卒業のための家庭科のプロジェクトを提出しなければならなかったのです。朝方までミシンを踏む娘。でも、私は、全く裁縫ができません。「何か手伝うことある?」「ないわよ。あっ、お母さん、触らないでね」そんな会話をしながら、私の高校のことを思い出しました。あれも確か家庭科のプロジェクト。スーツを縫わなければならず、母に手伝ってもらいました。でも、成績は2。先生がスーツを点検している時に、何でも袖がポロッと落ちたよう。母は、ショックを受けて、その後、洋裁学校に通いました。私は...ミシンなど踏んだことは全くありません。娘が作っていたのは、日本の着物地を使ったハンドバック。色合いといい、形といい、それはそれは素敵なものです。恐らく彼女は、洋裁の上手な主人の母の血を引いているのかも知れません。

☆ ☆
3時まで、娘にお茶を出したり、コーヒー煎れたり。ナンちゃってお母さんとは、全くこのことです。でも、一緒に時間を共有するだけで、私は、とてもハッピーでした。娘は3時にベッドに。そして2時間後にまた起きて、最後の総まとめをしているようでした。したがって私も、あまりというかほとんど眠れっておらず、今日はもうフラフラです。

☆ ☆
母の事はあまり覚えていないのですが、優しい心の素敵な人でした。明日は、母の命日です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/145-9f7a9282
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad