ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

Giving !クリスマスの本当の意味

ダウンロード
南半球のシドニーでも、
クリスマスシーズン。
夏のクリスマス。
でも、町のあちこちに、サンタや雪ぞりが飾られています。

今年は、最後までショッピングをする人たちのために
32時間、ノンストップで店を開けるところもあるらしい。

主人と一緒に、そのニュースを聞きながら
うんざりしてしまいました。
やり過ぎじゃない?
クリスマスのためのプレゼント?
クリスマスの本当の意味が
すっかり失われてしまっています。

確かに、クリスマスはプレゼントの日。
でも、それは、なんでもいいのです。

私はいつも考えていました。
プレゼントというのは、なんでもいいのです。
相手のために、時間を使い用意すれば。

英語に
giving という言葉あります。
日本語には、なかなかなりません。

giving をするときには、
普通は、相手から返してもらうことを考えません。
何も返してもらえなくても、
その人のためを考えて
giving するのです。
でなければ、
まるで商売ではないでしょうか。

家族や、友人や、
知人にものをgiving するとき、
私たちは、それだけで幸せになるはずです。

真夜中までショッピングしなくてもいいはずなのです。

主人と私は、今年話し合いました。
主人が、何も要らないからっていうのです。
私もって言ったのですが、
最近枕がぺったんこで眠れない。
だから、私は、枕が欲しいから買っていいかって。
いいよ。だったら、クリスマス前に買っちゃう。
買っちゃいました。
私は、主人に、テレビ広告をしていたフットマッサージャーはどうかって
聞いたら、そうだな。欲しいな。(主人は肉体労働なので、足が痛くなるのです)
彼は、普通は、何か欲しいって言わないのに。
きっと、足が痛いんだな。
だったら、そうしよう。
クリスマスが終わったら、ゆっくり買おう。

とはいうものの、
私は、いくつか、主人のものを用意しました。
食材(ずるいって娘に言われます)
シャンプー(クリスマスじゃなくてもいいでしょうに)
リコリスのお菓子(主人の好きなお菓子)
そうそう、フリーマッサージ付(私がマッサージ)のマッサージオイル。

それを、包んで用意しています。
今、ツリーの下におくと、
ワンコのサリーが、ぐちゃぐちゃにしそうですから(苦笑)
クリスマスの日に。

クリスマス。
愛と祈りの時。
そして、giving の時。
それが、本当のクリスマス。

スポンサーサイト

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/1419-c0a852ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad