ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

London Bridge falling down! 何事もメンテナンス。

Londong bridge
実は、昨日仕事の最中、
つまり話をしている時に、
私の前歯のブリッジが落ちました。
私の前歯のブリッジは、なんと7本。
つまり、前歯がほとんどないのです。

それがガクッと落ちてきたんです。
仕事場にあった、
チョコレートの飴が歯にくっつくなって
思っていたら、それが原因で、
がくっと。

大変な状況なのに、
あら、ロンドンブリッジがフォーリングダウン、フォーリングダウンなんて
歌を思いだしちゃいました。
ばっかじゃないの。

私は、ここ数年、日本でとてもいいデンティストにお目にかかって、
予算のあまりない私に、その歯医者さんは、
あまり予算かけずに、丁寧にこのロンドンブリッジをかけて下さったのでした。

しかし、
私は、きちんとメンテナンスをしてこなかった。
手入れもあまりしない。
硬いものもたべてしまう。
飴なんてべたべたしたものも食べた。
そのせいで、
ブリッジが落下たんです。

全て私のせいです。

オーストラリアの歯科の料金は日本の10倍ぐらい。
オーストラリアではとても治療ができません。
でも、今回は、前歯が全くなくなっちゃうのですから。
いかないわけにはいきません。

でも、私はオーストラリアの歯医者さんは知らないのです。
どこのデンティストがいいの?
で、最初に電話したメディカルセンターで
歯科を紹介してもらいました。
携帯に電話したら、女性の声でした。
女性の歯医者さんには、これまであったことがありません。
事情を話すと、
「私は明日は休みなのですが、父につき添って病院にいきます。その時に
緊急で診てあげられるかもしれません」と親切に言ってもらって、
今日いってきました。
自分のお父さんが、自分のクリニックの隣の病院に行くのでつき添ってきていて、
その後、私の歯をみてくれました。
とても、親切なデンティストでした。
なんて、ラッキーなんでしょう、私は。

オーストラリアで最も接着力のいいと言われる接着剤を使います。
しかし、これがどれぐらい長く持つのかはわかりません。
と、デンティスト。
しかし、丁寧に治療をしていただいて、
何とか、今、戻ってきました。

日本でやっていただいた時に、
10年持つかどうかわかりませんが。
って言われました。その時に、
「先生、私もそんなに生きられるかどうか分かりませんから」
って答えたのですが、
今になれば、もっと生きたい。
もっとしゃべっていたい。
もっと美味しいものをたべたい。

だから、少しお小遣いがたまったら、
あと、20年持つ歯を作ってもらいたいと思っています。
90歳まで持つ歯を。
それから、それまで命もブリッジも持ったら、次の30年持つものを
作ってもらいます。
そして、最後は、丈夫なブリッジつけて、
お墓に入ります!
スポンサーサイト

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/1409-2ca5a187
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad