ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

Clapping の訳

clapping.png

主人と昨日の夜話をしていました。
主人と「一緒」とは、いっても、主人は「俺は聞くだけで、お前が話すだけ」だと
言っていますけれど。
しかし、昨日は私がこんな話をして、主人が最後に「上手に」まとめてくれました。
「まあ、私のお喋りでも、面白いとか、元気をもらったっていう人が
いるのよね。だって、セミナーの終わりにはみんなでclapping (拍手)してくれるもの」

と言ったら、主人は
「お前のつまならない話が終わって嬉しかったんだろう」
って。
ばか。

さて、このclappingは、日本人にとってなかなか難しい言葉。
とくに、日本人はLの発音が苦手。注意をしないと
どうしてもcrapping になるのです。
Crapping? これは、ウンチをするとということ。

前に、オーストラリアの本人社会でこんな話が伝わりました。
小学校の子供のクラスにボランティアでヘルプに行った
日本人のママさん。
みんなで、「さあ、手をたたきましょう」と歌っていたのですが、
ある瞬間シーンとなったのに、日本人ママさんが気が付きました。
子供も含めて、皆、彼女を見ているのです。えっ、どうしたの?
彼女は、大きな声で「うんちしましょう、うんちしましょう」って歌っていたのでした。

ほんと?
I don't know but.....ありそう。

皆さん、LとR気を付けましょうね。
スポンサーサイト

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/1389-61bd18d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad