ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

昭和24年

yjimage_2015010413593070d.jpg
私は昭和24年生まれです。
しかし、実は昭和23年の年末に生まれたという話もあります。
生前、父と母の記憶も異なっていて、
12月の30日とか29日とか。31日とか。
24年に、偽ったのは、当時は生まれた時に1歳になり、
次の正月にはまた年をとるから。
という理由だったと聞いています。

まあ、この前にも書きましたが、
これも本当にいい加減。
だから、私もいい加減な人間になった?
という、ネガティブな話は止めましょう。

昭和24年は、まだ完全に戦争は終わっていない時代。
アメリカがまだ日本を占領し、
GHQがまだあった時代。

うっすらですが、仙台にいたアメリカ軍の車を見たことがあるような気もします。

しかし、私たちは、戦争を忘れてしまいました。
アメリカの文化に憧れ、アメリカ式の教育に染まり。
自分のことだけ考える人間になってしまいました。

私は当時入ってきたアメリカの文化が嫌いなわけではありません。
むしろ大好きです。
しかし、アメリカは、私たちの前の世代が犯した大きな過ちを
思い出させる教育をしなかったのではないでしょうか。

80年代にアルゼンチンに住み、そしてオーストラリアへ。
その間、折に触れて、日本の犯した大きな罪を思い出させる出来事に遭遇しました。

昨日、映画館に行ったら、アンジェリーナ・ジョリーが監督したUNBROKENという
映画の予告編がありました。日本兵の残虐な行為が描かれていました。
そうした映画は正直のところ見たくない。でも、今、見なければならないという気持ちになっています。

日本は他の国を侵略したのです。この事実は変わらないのです。
なのに、「いや、そんなに悪くなかったんじゃない」「誤解だ」という意見が出てきているのは何故でしょう。

もう一度、冷静に過去を振り返り、
新しい未来を築きあげるべきなのです。
スポンサーサイト

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/1368-26953cf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad