ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

探し物はなんですか?

yjimage.jpg
探し物はなんですか?
まだまだみつからないものですか?
いえ、井上陽水の歌ではないのです。

今日もまた、探し物をしてしまいました。
しかも、電車の中で。

オーストラリアの電車やバスには、
ガードといわれる人が乗っていて、
ただ乗りの取締りをします。
普段はほとんど来ることがないのですが、
忘れた頃にやってきます。

私はただ乗りをしたことがないので、
怖くはありません。
ただ乗りがばれると、法外な罰金が科せられます。
と聞きました。

ところが、今日、電車で、初めて、ガードが私のところに
やってきました。
はい。と、切符を出そうと思ったら、
ありません。
えっ、あったよ。だから、電車に乗ったんだろうが。
どこ?
ハンドバッグの中にはありません。
全てのポケットを探しましたが、ありません。
ガードが、私をみています。
私は、シニアカードをみせて
「これを使って、シニア割引で乗ったのよねねえ」
なんていいながら、また探しましたが、ありません。
バッグの中のものを、椅子の上に全部出して、
探しました。
「ほんとに、これだから、年をとりたくないわよね」
ガードは、
「ゆっくりでいいですから」といいました。
信じているのだろうか。
「まあ、なんと優しいこと。私は、今までただ乗りなんか
したことがないけれど、探す時にはないものだわねえ」
などと、ぐずぐず独り言を言いながら探しました。
あまり時間がかかるので、
見逃そうと思ったのか、
ガードの人は、次の私のそばを離れて
次の車輌に行こうとした時んおことです。

あった!バッグの小さなポケットに。
「あった。ありましたよ。ホラ」
私は大声で、ガードに話しかけました。
ガードの人は、にっこり笑って、
「あなたのバッグは、メリーポピンズのバッグのようですね」
ふうう。ああ、よかった。

しかし、最近、探し物が多すぎます。
この前、日本に行くときに、
やはり、日本で使う携帯がなくなってしまって、
迎えのタクシーを待たせて探しました。
ありましたけれど、飛行機が間に合うか、
ひやひや。

だから、いつも、同じところに入れておけっていっただろう。
という、主人の声が聞こえます。
はい、ご主人様。

探し物はなんですか。
まだまだみつからないですか。
夢の中へ夢の中へ。

などとのん気なことを言っていられません。
これから、年を数えるごとに、
ますます夢の中に行くのですから。

後期高齢者の傾向と対策を練らなければ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/1312-f8ce19d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad