ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

半沢直樹をJAL便で見てみました。

image_2014051721554390f.jpg

正直、日本の人が何を騒いでいるのかわかりませんでした。
半沢直樹が誰なのか?
なんと言う俳優が演じているのか?
バイ返しとはなんなのか?
全くわかりませんでした。

そこで、
先日日本までいくJALのエンターテイメントに
その半沢直樹というのがあったので、
勉強のために?みてみることにしました。

最初は、この直樹を演じている俳優の
目つきが、「変な奴」と感じました。
「にやけている」とも思いました。
銀行の上司を演じている俳優も
最初は、「なにこれ。まるで作り物」
と思いました。
国税局の「悪者}を演じている俳優も、
「えっ、グロだな}という感じもしました。

でも、最後まで引き込まれてみてしまいました。
ああ、面白かった!

では、なぜ面白かったのか、
なぜ日本人に受けたのか考えてみました。

まず、勧善懲悪。
それから、自分の生き方を貫くところ。
言いたいことを言うこと。

そして、人気の理由は、
これらは、日本に存在しないものだからでした。
これから先は悪口になるかも知れません。
危険です!

日本には、はっきりものをいう人が少ない。
ほとんどいない。。
どうしていわないの?
と、私は、何十年も、そう思ってきました。

私は何もないけれど、
いや、だから何もないのかも知れませんが。
いいたいことを言って生きてきました。
とても幸せです。

人生、たかだか一回なんですよ。
もったいない?ってとっておいても、
いつか、無になるのです。
長生きして、いい目をみようと思っても、
事故や災害や、事件に巻き込まれて、
生きられない場合もあるのです。

どうして、
半沢直樹のように、リスクをとって生きないのでしょう。
言いたいことをもっといって、
自分の信念のために生きて欲しいな。

あの番組の人気が出たという事は、
可能性があるじゃありませんか。
インスピレーションをもらったら、
実行することです。
と、私は思いました。

自分の正義を貫く。
それをきちんと表現する。
自分に自信をもつ。

自分の行動の責任は自分でとる。
人のせいにはしない。
バイ返しは、恨みを返すことなのではなく、
自分の正義を貫くということです。

と思いました。

自分のしたいようにせず、
自分の正義を貫かず、
言いたいこともいわずに生きると、

自分へのバイ返しがくると思います。
直樹ちゃん、そうだよね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/1311-9b63fda6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad