ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

うちの主人という人は

sydney-420x0.jpg
今日のシドニーは、7時過ぎから大雨になりました。
強い風も吹き、稲妻が光り、雷も鳴っていました。
我々の住むシドニーのノースは、
とりわけ雷がひどく、
そのためでしょうか。携帯が全くつながりません。
コンピューターも一応消しました。
愛犬サリーは怖がって震えています。
タオルに包んで抱いてやりました。

主人がなかなか帰りません。
金曜日はいつもより遅くまで仕事があるのですが、
9時になっても戻りません。
嵐はますますひどくなります。

電話をしたら、「今、仕事が終わって、
戻る途中だ」って。
閉めた窓から、雨が入り込むほど、外は大雨です。
シドニーには台風はきませんが、
風も、まるで台風のように吹いています。
主人はバスで仕事場まで通っているので
.....
大丈夫?タクシーは?
タクシーが拾えるところまでは結構歩くらしいのです。

気を付けてね。
と言って待っていたら、
ずぶぬれになって戻ってきました。

傘はもっていたのだけれど..........
道を歩いていた年取った女性にあげたのだそうです。


まったくなあ。
主人は、こんな人なのよねえ。
と思いながら
父のことを思い出しました。

うちの父は、
結婚して最初のお給料を
困っている友人に貸してしまったのだそうです。

母はいつもずっとそういう父のしりぬぐいをしてきました。
でも、母は父を尊敬しているようでした。

うちの主人という人は、
今、人に貸すお金こそないけれど、
あったら、きっとそうしてしまうと思います。

この前、一緒に買い物に出かけたら、
街の電柱に寄っかかって座っている人がいました。
ウクレレを持って、しかも、寝ているのです。
主人に聞くと、彼はもう20年ぐらい
そこに座って、気が向くとウクレレを弾き
あとは、眠っているのだそうです。
道をゆく人たちが、お金を落としていきます。
起きていれば、サンキューと彼は言います。
寝ていれば、そのまま(苦笑)

主人は、近所のコンビニで水を買ってきました。
そして、そのウクレレの彼に、水をあげました。
ウクレレの彼は、頭をあげて、
「ありがとう」と主人に言いました。
どうやら、いつも、そうするらしいのです。
「この辺に住んでいるんだろう。たぶん、俺たちよりずっと金持ちかも」と
笑っていました。

主人はそういう人なのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/1268-ea5d9987
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad