ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

圭祐さんのこと

P1000615-001.jpg


先日仕事をしていたら、
スカイプメッセージがはいりました。

スカイプというのを知らない方....
これは、インターネットの無料電話のようなもので、
コンピューターにカメラとマイクがついていれば、
無料のテレビ電話ができるのです。

日本出張の時などは、
顔も見れるしとても便利です。
もっとも、オーストラリアが夏時間で
日本が2時間遅れているとき、
朝、主人とスカイプすると、
一日が「壊れちゃうような」
起きたばかりの顔を出すなって言われています。
実際、自分でも、鏡でみると恐ろしい。

さて、圭祐さんから、スカイプのメッセージが入って
「真理子さん、お仕事の時お邪魔してすみまんが、
ちょっとお話しできますか」

「もちろんです」

圭祐さんとは昨年、日本から和歌山のグループが
オーストラリアに来た時に知り合いました。
彼は、目が見えません。
25歳の時に視力を失ったのだと言います。
72歳なのに、50歳ぐらいにしか見えない。
とても、お若い。
オーストラリアにいらした時に、
彼の手をとって、あちこち案内しました。

ダンスをさせたり、
草の上に寝そべったり。
チェリーピッカーというトラクターみたいなものに
乗せたり.....

少し、乱暴だったかもしれません。

圭祐さんは、オーストラリアでの時間が、
今までの人生で最も楽しい時間だったと言ってくれました。

彼は、スカイプをよく使うのだそうです。
「圭祐さん、元気?」「それが、少し調子が良くなかったのです」
「どうしたの?」「転んで体をうってしまいました。痛みがずっと続いて」
「今は?」「おかげさまで痛みが取れました」
「それはよかった」
「僕は、真理子さんと会って一緒にいた時が、自分の人生で最も楽しかった時間です」
圭祐さんは、スカイプでまたそういってくれました。
「真理子さんとお話しすると、本当に元気がでるのです」
そんなことを言ってもらうと、嬉しい。

「ハーモニカは?」彼は、昨年は、ハーモニカを習い始めたばかりでした。
「ずいぶん練習を重ねて、今は時々、ボランティアで演奏に行っています」
「あら、素敵。だったら、オーストラリアに来て、音楽会やりましょうか。
またオーストラリアにいらっしゃいよ」「そうですね」
「あなたにもっと見せたいものがあるのよ」

そうなんです。彼に見せたいものがまだあるのです。

真理子さんに会えたことが、彼の人生で最も楽しかったことだという
彼の言葉を思い出すたびに、涙が出てしまいます。

私なんて、あまり大した人間ではないのに、
そんな私に、素晴らしい言葉をくれた。
もっともっと、人の役に立ついい人間にならなければいけない。

そう思います。
圭祐さん、またオーストラリアにおいでよ。
あなたに、もっともっと、いろんなものを見せたい!
海。砂浜。山。林。動物たち。

「真理子さん、またスカイプしていいですか?」
「もちろんです。とりあえず、メッセージをください。
その時に、時間があれば、すぐ話をしましょう」


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/1267-d35721cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad