ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

言葉もありません。

金曜日の夜のことです。
メルボルンの主人の弟から電話がありました。
長い電話の後。
主人は黙ってうつむいています。

話を聞くと、
主人の兄の子、つまり、我々の甥っ子が
ベトナムで、高層ビルから落ちて死亡したというのです。

理由は分かりません。

主人の兄夫婦は、既に、20年前に、娘を難病で亡くしています。
今回の息子は、彼らの最後の子供でした。
娘の病死以降、主人の兄は精神的な病気を得ました。

再来週は、主人の母の90歳の誕生日でした。
家族全員が、遠い親戚を含めて集まる予定でした
母が自分で企画した、ファミリーパーティーでした。

主人は昨日、メルボルンに発ちました。
兄夫婦も、そして母親のことも心配したからです。


主人は、母が、昨日から、同じことを20回ぐらい繰り返していると
いっていました。あまりの辛さと悲しみで、恐らく、混乱しているのだと思います。
自分で企画したパーティーのことも全く忘れてしまったと主人は言っていました。
パーティーは、キャンセルになりました。

二人目の子供を亡くした兄夫婦は、
当然のことながら、
生きる意味がなくなったといっていたといいます。

なぜ、どうして、甥っ子が死んでしまったのか、
まだ誰も分からないのです。
ベトナムの構想ビルの上から落ちてしまったというだけで。


私だったら、
...........

兄夫妻と同じです。
二人もの子供を亡くしてしまった。
私も、私に同じことがおきてしまったら、彼らと同じように考えたでしょう。
もう生きる意味がないと。


どのようにこれを受け止めたらいいのでしょうか。
なんと言ってあげたらいいのでしょうか。
どうしたらいいのでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/1257-148ebae2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad