ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

手術をしない決断

P1080398-001.jpg
愛犬サリーのことです。
白内障がひどくなりました。
最初は右目だけでしたが、
最近は左目も見えなくなっています。

手術という方法も確かにあると思います。
しかし、それは高額の手術の費用がかかります。
さらに、手術前後の入院もあります。
リハビリもあると思います。

彼女はそろそろ10歳。
専門家に意見を聞きました。
獣医師とトレーナー。
二人とも言いました。
犬は目が見えなくても、
人間ほどは困らない。
目が見えなくなると、ほかの機能がます。
耳とか鼻とか。
だから、手術をしなくても、彼らを虐待することにはならない。

サリーが、ボールを投げで、
その音がフォローできるように、
鈴が中に入っているボールを買いました。
また、匂いがフォローできるように、中に食べ物が入なボールも買いました。

サリーは、まだ水も一人で飲みにいけるし、
台所のドッグドアから、外にも出られます。
最近は、天気がいいので外で日向ぼっこもしています。

考えてみれば、
私だって、もう暗いところでは目も見えないし、
耳も聞こえないし。
でも、毎日何とか生きている。
クオリティオブライフ?
生活の質は、それでも、十分にある。

サリーの目の手術はしないことにしました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/1253-ce2c1d29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad